Shopify、「POS機能」「PayPay決済」「BASEからの移行ツール」など続々リリース

世界最大級のマルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」を展開する日本法人Shopify Japanは9月29日、複数の日本向け新機能を発表した。実店舗とネットショップを一元管理できるPOS機能を提供したり、JCBカード決済やキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」に対応したりしている。既存のネットショップを簡単に「Shopify」へ移行できるツールなどの提供も発表した。

「Shopify POS」はPOS(Point of sale:販売時点情報管理)アプリを使って実店舗やポップアップショップとネットショップを連携、在庫や売上を一元管理できるようになる機能。商品検索、注文処理、支払い回収、レシート発行、そしてそれらすべてのコントロールをタブレットなどのモバイル機器で行うことが可能。2020年5月にグローバルでローンチされた最新の「Shopify POS」を、日本向けに本格提供する。

「Shopify POS」を利用する事業者はLunaris開発のPOS連携可能なポイントアプリ「EasyPoints」を利用できる。ネットショップだけでなく、実店舗でも利用でき、既存顧客のロイヤリティを高めるポイントシステムを手軽に導入できる。

Shopifyペイメントのカード決済に、国内最大級の加盟店ネットワークを持つ「ジェーシービー(JCB)」を追加する。さらにSBペイメントサービスのオンライン決済サービスを導入することで、ネットショップで「PayPay」を決済方法として追加できるようになった。


BASEからの移行を簡単に
既存サイトよりShopifyストアへの移行を実現するサービスも提供する。海外では「WooCommerce」や「Squarespace」からの移行を簡単にするツールを提供している。日本では「BASE(ベイス)」で開設したECサイトから商品情報、カテゴリー情報、注文情報を簡単に移行するためのツールの提供を開始した。

他にも、ZOZOのフルフィルメントサービス「Fulfillment by ZOZO」との連携や複数の海外ドメインへの対応、AIで商品画像の背景をワンタップで削除できる「Scratch Photos」の提供、テーマエディタの高速化などを実施している。


EC構築・運営の人材育成プログラム
ランサーズやフラクタと連携し、クラウドソーシングサービス「ランサーズ」に登録しているフリーランスに対して教育プログラムを提供し、「Shopify」を活用したECサイトの構築から導入支援、運用、アプリケーション開発を行える人材を育成する。EC事業者の人材不足という課題を、教育プログラムを修了したフリーランスの活用によって解決することを目指している。

さらにEC人材育成を目的に、一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)と東京フリーランス合同会社のそれぞれがShopifyで学ぶEC講座を開設する。ウェブ解析士協会はShopifyのオンデマンド学習講座を9月末に公開。東京フリーランス合同会社が運営するオンラインスクール「デイトラ 」では、Shopifyストア構築講座を9月末に公開する予定だ。