DENIMSが語る、自分だけの「色」や「クセ」を活かす方法

前作からおよそ1年ぶり、大阪出身の4人組バンドDENIMSによるミニアルバム『more local』がリリースされた。

ファンクやブルース、リズム&ブルースといったブラック・ミュージックを基軸としつつ、あらゆる音楽スタイルをヒップホップ的な手法でハイブリットしてきた彼ら。そんな従来の路線を踏襲しつつも目まぐるしい転調やピアノの導入など新たな挑戦にも果敢に挑み、これまで以上にバラエティ豊かな作品に仕上がっている。

一方、コロナ以降に書いたという釜中健伍/カマチュー(Vo, Gt)の歌詞は、内省的かつ繊細な表現が増えており、オーガニックで躍動的なバンド・アンサンブルと鮮やかなコントラストを描き出している。「自分を愛し認めることができなければ、他者を大切にすることはできない」と、インタビューで語ってくれたカマチュー。コロナ禍で自分自身を見つめ、「イビツさ」や「矛盾」をも認めた先に、彼はどのような光景を見出したのだろうか。

今作から新たなエンジニアとタッグを組み、リード曲「Im」では朋友クメユウスケ(Special Favorite Music)を迎えたDENIMSの、ソングライティング、サウンドメイキングのこだわりなどについて、カマチューと岡本悠亮/おかゆ(Gt)に話を聞いた。

─今作『more local』のタイトルには、どのような意味が込められているのですか?

カマチュー:タイトルの「ローカル」は、地域的な意味というよりも、精神的な意味での「ローカル」です。自分たちの芯の部分、「色」や「クセ」をより濃くしていこうというか。持っていないものに目を向けるよりも、持っているものを最大限活かす意識で活動していこう、そこから新しいものに挑戦していく自分たちでありたいという気持ちをタイトルに込めました。内側を固めるからこそ、新しいことも大胆にできるんじゃないかなと。例えばリード曲「Im」でもピアノを導入したり、英語詞を取り入れたりしたのは、そういう意識の表れですね。

─「Im」は歌詞も、”変な声も廃れた街も思い通りにならない事も 武器にできる術がある”など今おっしゃったことについて歌っていますよね。「できないこと」に目を向けるのではなく、「出来ること」に目を向け追求すれば、ブレイクスルーに繋がるというような。

カマチュー:まさにそうです。例えば、次から次へとすごい才能を持った人たちが現れることに対して「自分はダメだな」なんて悩むこともあったんですよ。でも、コロナ禍になって自分を見つめ直す時間が増えたことで、まずは自分を認めることから始めないとダメだなと。自分を大切にしなければ、家族やメンバーを大切にすることもできないということに気づいたんですよね。


拠点は祖母の家の離れを改装した「OSAMI studio」

─おかゆさんはいかがですか?

おかゆ:僕もカマチューと同じです。コロナ禍に突入して1カ月くらい、特に4月くらいは結構「焦り」を感じていましたね。コロナの状況に対しての不安もありましたが、「なんかやらな……」みたいな感じになって、毎日一つでも何かしようと思ってInstagramで弾き語りの配信をしたりして。SNSが普及して、他の人が今どんなことをしているのかがすぐに分かるようになったのも大きいですよね。友人のインスタとかを覗いて、彼らと同じようにできない自分に苛立つこともありました。でも、5月、6月くらいになると、「もう、ええか……」という気持ちにはなってきました(笑)。単純に飽きたのもあったんですけど、そういう張り詰めた精神状態も長くは続かないじゃないですか。

─そう思います。

おかゆ:なので、それからは映画を観たり本を読んだり、有意義な時間を過ごすことはできました。宮澤賢治とか、今読んでみたらどんなやろう?と思って改めて『銀河鉄道の夜』を読んでみたりして。彼の作品に出てくるオノマトペがとにかく面白いんですよね。僕はソロ活動もしているのですが、そこからインスパイアされて1曲作ったりもしました。

─制作自体はいつ頃から始まったのですか?

カマチュー:「Stomp my feet」(会場限定シングル)と「そばにいてほしい」(配信限定シングル)は、コロナになる前に既にリリースしていたのですが、それ以外の楽曲は、ミニアルバム『more local』を作ることになって、曲作りもレコーディングが始まったのはコロナの真っ只中でした。ただ、「Im」や「The Lights」の、歌以外のアンサンブルは1年くらい前から作っていましたね。「Crybaby」と「Crush」は曲も歌詞もコロナ禍で書いたので、結構影響を受けていると思います。

─自粛期間中メンバー同士では、何か話し合いなどもされていたのですか?

カマチュー:配信ライブなどはちょくちょくやっていたので、その打ち合わせはリモートでやっていましたね。それと、自分たちのスタジオの換気を徹底して、ソーシャルディスタンスも守り、マスク着用でセッションをしていました。

─確か、カマチューさんのお祖母さんの家の離れをスタジオに改装したんですよね?

カマチュー:そうです。実は、今回のアー写もそのスタジオ、OSAMI studioで撮ったものなんですよ。

─そういう場所があることは、いい気分転換になったでしょうね。

おかゆ:そう思います。


好みが偏ったインプットと柔軟なアウトプット

─先ほど映画の話が出ましたが、おかゆさんは自粛期間中にどんな作品を観たんですか?

オカユ:なんだったっけ……あ、『ホステル』や『グリーン・インフェルノ』とかです(笑)。

─イーライ・ロス! 最高の監督ですよね(笑)。カマチューさんは?

カマチュー:僕は『アイリッシュマン』を観ました。そこから一時期、マーティン・スコセッシ監督にハマって、色々観ましたね。『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』や『タクシードライバー』はずっと好きだったんですけど、それ以外のスコセッシ作品をちゃんと観ていなかったので、この機会にたくさん観ました。中でも『グッドフェローズ』がとても良かったですね。なんだかギャング映画ばかりだな(笑)。

─おかゆさんはホラー映画で、カマチューさんはギャング映画。

カマチュー:(笑)。僕は『ジョーカー』がめちゃめちゃ好きなんですけど、あの作品はスコセッシの『タクシードライバー』や『キング・オブ・コメディ』をうまくサンプリングしているというか。デニーロが『ジョーカー』で司会者をやっていて、『キングコメディ』や『タクシードライバー』ではジョーカーのような役を演じている。そういうリンクの仕方がヒップホップっぽくて面白かったです。

─そういうヒップホップ的なサンプリング感覚は、DENIMSの音楽にもありますか?

カマチュー:サンプリングの雰囲気にはとても憧れるし、ヒップホップもずっと好きだから「やりたいな」とは思うんですけど、バンドでそれをやろうとしても、どうしてもあのノリって出せなくて。何回か試したことはあるんですけど、出来ひんからこそそこをバンドサウンドでどうするか?というところを楽しんでいますね。

例えば今作の「Crush」では、ギターを敢えてペラッペラの音にすることでサンプリングっぽさを出したり、フレーズや弾き方でもサンプリングっぽさを意識したりしています。でも、それでアンサンブルを作ってもやっぱりバンドらしくなっていくんですよ。思っていたのとはちょっと違ってズレがあるんですけど、それがバンドでやっている良さでもあるのかなと。

─最初に話してくださった、DENIMSならではの「色」や「クセ」がそこに宿る気がしますね。この曲は、フレーズの抜き差しもヒップホップっぽいなと思いました。

おかゆ:「ここでギターが抜けて」「ここはベースが前に出て」「ここはみんなでブレイクして」みたいなことは、プリプロダクションの段階ではなくアンサンブルの段階で結構決まりました。「ここはそうやんな」みたいな意思疎通が、最初から出来ていたような気がしますね。

カマチュー:結構パパッと出来たもんな。


こだわりのサウンド・プロダクション

─その辺の間合いというか、阿吽の呼吸みたいなものは、長く一緒にやってきたからこそという感じなのでしょうね。以前のインタビューでカマチューさんは、「ヴルフペックをメンバーに聴かせて人力で再現するみたいなことをやった」とおっしゃっていましたよね。それにも近い気がします。

カマチュー:確かにそうですね。かと思えば「Crybaby」とかは結構、弾き倒していたりするんですけど(笑)。



おかゆ:3曲目の「The Lights」もそうやな。全員で弾き倒してる(笑)。「引き算、全く出来へんのや」みたいなことを敢えてやっているんですけど、いろんな形の歯車がいっぺんに回り出しているみたいな感じというか、「やってるうちに嬉しくなってしもうてるやん」みたいな楽しさが聴いてる人にも伝わるといいなと。



─「Crybaby」は、「虹が架かれば」(前作『makuake』収録)などの延長線上にありつつ、異色な仕上がりですよね。

カマチュー:自分的にはDENIMSの十八番かなと思っていたんですけど、確かに転調の仕方とかは今までにない試みですね。これまでは割と「ループもの」というか、同じコード進行がずっと続く中でメロディを考えるのが好きだったんですけど、色々展開していく曲でメロディが変わっていくのもいいなと思って勉強して(笑)。「そうか、こうやって転調するとスムーズなんや」みたいなことを学びながら作りました。そういう意味でも「Crybaby」と「Im」は気に入っていますね。

─「Im」は、ピアノの弾むようなバッキングや、ヒネリの効いたコード進行、ギターの音色などどこかビートルズっぽさを感じます。

カマチュー:ビートルズはおかゆがフリークスですけど(笑)、僕自身はさほど詳しくなくて。でも、確かにサビはビートルズっぽいのかな。自分としては、Aメロとかヒップホップの感じをやりたくて、そのごちゃ混ぜ感がDENIMSらしくなっているのかなと思っています。さっきも話したように、実は1年くらい前にアレンジは完成していて。「いい曲だな」とは思っていたんですけど、大事にしすぎて全然リリースせず(アレンジを)練り回していました(笑)。



─前作に引き続き、今作もサウンド・プロダクションが素晴らしかったです。

カマチュー:ありがとうございます。前作のエンジニアはhmc studioの池田洋さんでしたが、今作は京都music studio SIMPOの荻野真也さんにお願いしました。で、「Im」だけ元NOKIES!のクメユウスケくん(Special Favorite Music)に、サウンドプロデュースという形で関わってもらっています。レコーディングの段階からクメくんにスタジオに来てもらって、録音したデータを持ち帰って逆再生などエディットを施してもらったり、ディレイの発振音を足してもらったり。僕らだけだったらせえへんようなことを、いろいろ試すことができて楽しかったですね。


自分たちのやりたいことを貫き通す

─本作を作っている時に、よく聴いていたのは?

カマチュー:たくさんありますが、結構ゴリゴリのファンクを久しぶりに聴き返しました。スピードメーターや、アンティック・ソウル・ オーケストラ、ブレイケストラ、ニュー・マスターサウンズなど、10年前くらいソウルファンクの雰囲気が懐かしくて。それが本作に影響しているかどうかは分からないですけど。

おかゆ:僕は、ギターの参考にした曲は特になかったかな。「Crybaby」の、メロディの隙を縫ってくるようなオブリガードはブライアン・セッツァーとかからインスパイアされたんですけど、でもそれはボツになりました(笑)。「The Lights」は、ヴルフペックのテオ・カッツマンとかを意識したかも。

カマチュー:テオ・カッツマンは僕もずっと好きです。バンドのメンバー、みんな好きやんな?



おかゆ:「Crush」は、カマチューから色々なファンクのプレイリストが送られてきて聴いたんですけど、結局、ジョンスペ(ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン)とかを参考にしたリフも付けたけどしっくりこなくて。特にサビでは、シンプルにコードを刻むことが多かったですね。



─いろいろ試行錯誤があったのですね。歌詞についてもお聞かせください。「Crybaby」の、”勝手に決められた筋書きなら書き換えよう”、”僕達は作られた自由の中踊らされて 思いのままでいた気がしていた”というラインには、どんな気持ちを込めたのですか?

カマチュー:先ほども話したように、この曲はコロナ禍になって気付いたことを歌詞にしています。これまで自分たちは思いのままに生きてきたつもりでいたけど、実はそうじゃなかったんだなと思うことがたくさんあったなと。そんな中、どうやって自分たちのやりたいことを貫き通すか。時にはやりたくないことをやらされてしまうこと、きっと誰にでもあると思うんですけど、そこはバランスを取りつつ生きていきたいという想いを込めまた曲ですね。

─コロナ禍では、自分がやりたいこと、やりたくないことを見直す時期でもあったのかもしれないですね。「Crush」の歌詞には、”Crush してよ こんなつまんない事 嘘みたいな正義掻き消してしまう”というラインがあります。

カマチュー:この曲、怒っていますよね(笑)。これもやはりコロナ禍で思ったことなんですけど、例えばSNSを見ていると結構みんな混乱している気がしていて。自分の「正義」や「イデオロギー」を盾に、ただ自分を見て欲しいだけというか、自己顕示欲を募らせている人が多過ぎるんじゃないかと。その病んでいる感じが気持ち悪かったんですよね。


バンドの音楽だから表現できること

─そして最後の曲「そばにいてほしい」は、”過剰な気遣いは無関心と似てる 腫れ物平気で触れるような 無邪気な頃思い出したよ”という部分が個人的に刺さりました。相手に対してどこまで心を開けばいいのか、どこまで踏み込んでいいのか、その距離感を見誤ってしまうことは、多かれ少なかれ誰にでもあることなのかなとも思います。

カマチュー:この曲、元々は女の子との関係について歌ったものですが、おっしゃるようにいろんな人間関係に当てはまるというか。バンドメンバーや友人との距離感について考えることもありますし。特にバンドはね、大の大人が毎週集まって作業しているわけだし……(笑)。

おかゆ:バンドの人間関係は難しいですよね。友人関係とも言い切れないし、割り切ったビジネス的なパートナーになるのもまたちょっと違うと思うし、不思議な関係だなと思います。

─この曲はコロナ禍の前に書かれたとおっしゃっていましたが、”僕達の未来は良い想像しかしてないよ”というラインは、この状況下にいる私たちへのメッセージにも聞こえます。

カマチュー:確かに。配信したのは3月11日だったんですけど、2月くらいからコロナのニュースが流れるようになって、自分たちでも曲の捉え方が変わってきたところがありますね。聴く状況によって、いろんな解釈ができる曲になったと思います。

─感染者数も落ち着いてきたとはいえ、未だ余談の許さない状況が続いていますが、今後DENIMSとしてどんな活動をしていきたいですか?

カマチュー:ツアーなど開催実現に向けて動いていますが、僕らには到底力が及ばないこともありますし、取り敢えず自分にできること、音楽を作り発信することを続けていきたいと思います。僕自身、誰かを元気付けようとか、誰かのために届けようとか、そういうことを考えながら曲を作ることがなかなか出来なくて。自分のことしか考えていない人間なのかもしれないけど、自分を救おうと思って作った音楽が、同じような状況の人、同じような気持ちの人に、少しでも寄り添うことができたら嬉しいです。


<INFORMATION>


『more local』
DENIMS
OSAMI studio.
発売中
https://friendship.lnk.to/morelocal

DENIMS "more local" release tour『feel more local』
チケット料金:一律 ¥3,500(税込・ドリンク代別途要)

10月3日(土)熊本 Django
10月4日(日)鹿児島SR HALL
10月10日(土)金沢GOLD CREEK
10月11日(日)新潟riverst
10月21日(水)仙台enn 2nd
10月23日(金)東京LIQUIDROOM
10月25日(日)名古屋CLUB QUATTRO
10月31日(土)福岡BEAT STATION
11月6日(金)札幌 ベッシーホール
11月15日(日)梅田CLUB QUATTRO
11月28日(土)那覇 Output
https://w.pia.jp/t/denims/