楽天、日本発のファッションブランド支援プロジェクト「by R」始動 ショーの開催も支援

楽天は9月28日、日本発のファッションブランドを支援するプロジェクト「by R(バイアール)」を始動したと発表した。10月12〜17日に開催予定の「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」の会期中、世界に発信している日本生まれのファッションブランド「doublet(ダブレット)」や「FACETASM(ファセッタズム)」のファッションショー開催を支援する。

「by R」は、楽天が日本発のブランドを支援することで、才能ある若手デザイナーの活躍の場を広げ、日本のデザイナーズファッションを世界に発信することを目的としている。「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S」では、会期中に開催する多くのファッションショーが、新型コロナウイルス感染予防の観点から、無観客あるいは観客の数を絞って実施する。楽天は10月12日に「doublet」の、10月16日に「FACETASM」のファッションショーを開催し、その企画および実行を支援するほか、ファッション通販サイト「Rakuten Fashion」において両ブランドのファッションショーの映像を配信する。配信映像は、ファッション業界関係者に限らず、誰でも閲覧可能とし、ブランドのさらなる認知向上に貢献することを目指す。

「doublet」デザイナーの井野将之氏は、「『TOKYO Fashion Week』に参加するのは3年半ぶりになります。7月のパリのデジタルファッションウィークで新作を発表しているのですが、僕らだけでは出来ないことを『by R』の枠組みの中で、また違う見え方で発表したいと思っています。『Rakuten Fashion Week TOKYO』を一緒に盛り上げていければと思います」とコメント。

「FACETASM」デザイナーの落合宏理氏は、「ここ数年間、ミラノやパリで戦ってきましたが、価値観や環境が変わってしまった今年、6年ぶりに東京でショーを行う事に意味を感じています。僕らが経験してきた時間や想いを、強いクリエーションとして注ぎ込んでまいります」とコメントしている。

楽天の執行役員 コマースカンパニー ヴァイスプレジデントの松村亮氏は、「『doublet』および『FACETASM』の両ブランドと、『by R』を推進できることを、大変嬉しく思います。この取り組みを通じて、『Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 S/S』の魅力向上を図るとともに、これら日本発のブランドを世界に向けて発信することで、日本のファッション業界をエンパワーメントしてまいります」と意気込みを語る。

楽天は、2019年8月に一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)と、ファッションの祭典「TOKYO Fashion Week」における冠スポンサー契約を締結し、「Rakuten Fashion Week TOKYO」の開催を通じて、ファッション業界の活性化に寄与するべく取り組んできた。このイベントが、日本発のファッションブランドを世界に発信する機会となることを期待し、「by R」を通じてさらなる魅力向上を
図る。


「by R」特設ウェブサイト
https://brandavenue.rakuten.co.jp/contents/byr/