流面系セリカ、グループAラリーは88年から参戦! あの映画には87年登場!?|88年式トヨタ セリカ GT-FOUR Vol.1

カルロス・サインツをドライバーに起用し、WRCで活躍したST165セリカGT‐FOUR。

1985年に登場した4代目となるST160系は、セリカ初となるFFモデルで、ベベルギア式のセンターデフを備えたフルタイム4WDと、最高出力185psを誇る2Lツインカムターボの3S‐GTE型エンジンを組み合わせたスポーツモデルのGT‐FOURが追加されたのは、デビューから1年後の1986年のこと。

 ボディ、グラスエリアとも曲面を多用したデザインから「流面系」とのキャッチコピーが付けられ、直線的で角が立ったデザインが特徴的だった1980年代カーデザインの流れから革新的な変化を遂げ、面と曲線のデザインが主流となる1990年代カーデザインを先取った存在といえる。

 ラリーなどのモータースポーツでの活躍も目立ったST160系セリカだが、いまだに根強い人気を誇っているのは、それだけが理由ではない。80年代に青春時代を過ごした者なら誰もが知っている映画『私をスキーに連れてって』で、雪道、そして時にはゲレンデまでも爆走するGT‐FOURの雄姿にヤラレた人が多いのだ。

そして今回取材したオーナーはそんな、映画に出てくるGT-FOURに憧れてこのクルマを手に入れたのだ。

Bピラー、Cピラーを隠しガラス面をフラッシュサーフェス化された流面系デザインのサイドビューなど、全ての画像を見る