空冷エンジンのために│ポルシェ製の「クラシック モーターオイル」の魅力

ヴァイザッハのポルシェ開発センターのエンジニアとドイツのオイルサプライヤーの協力を得て、ポルシェ・クラシックのエキスパートがエンジンオイルを開発している。これらは、特に356および911モデル(996モデルも含む)の水平対向エンジン、924、928、944、968のすべての4気筒および8気筒エンジン、ならびにポルシェボクスター986モデルの要件に合わせて調整されたオイルとなっている。ポルシェ・クラシックエンジンオイルは、4種類のバリエーション(20W-50、10W-60、10W-50、5W-50)で販売。

ポルシェトランスアクスルモデルの水冷式4気筒および8気筒エンジンや、911の996モデルおよびポルシェボクスター986モデルに搭載されている水冷式6気筒エンジン向けの新しいエンジンオイルにおいても、最善の潤滑特性と保護特性に特に注意が払われた。すべてのクラシックカーが日常使用車として用いられているわけではない。ほとんどが、普段は使用されず、たまに短距離を走るだけに使用されるため、金属やシール素材などのエンジン部品は相互作用によって損傷することがあるのだ。ポルシェ・クラシックのエンジンオイルであれば、長期間使用しなくてもクラシックカーに完璧な保護を提供する。

ポルシェ・クラシックカーの心臓部がいつまでも正常に動くようにするには、定期的なオイル交換を忘れないことが重要である。走行距離が短いとオイルが劣化しやすいため、走行距離とは関係なく、年に一度エンジンオイルを交換することが必要。冷間時のエンジンで頻繁にスタートすると、オイルに入り込む燃料や燃焼残留物、結露が増加してしまう。愛車に合ったもので正確なメンテナンスを施していただきたい。


ポルシェ・クラシックエンジンオイルの13の重要事項:
・クラシックな空冷式水平対向エンジンに合わせて特別に調整
・20W-50は、356、914モデルおよび排気量2.7リッター以下の旧型空冷式911モデル用に開発
・10W-60は、排気量3.0リッター以上の空冷式911モデル用に開発
・水冷式4気筒、6気筒、8気筒エンジンに合わせて特別に調整
・10W-50は、924、944、968、928モデル用に製造
・5W-50は、996および986モデル用に開発
・実験室および実地で試験を実施
・最新のエンジンおよびシーリング技術に合わせて調整
・最高の耐熱性とせん断安定性
・最適な摩耗保護と腐食保護
・「ポルシェ製」
・「ドイツ製」
・ヴァイザッハのポルシェデザイナーがクラシックな同時代のパッケージをデザイン