『はぴだんぶい』がモヤモヤを吹っ飛ばす! MONKEY MAJIK楽曲提供の新曲を公開

サンリオは、「ポチャッコ」や「タキシードサム」ら6キャラクターで構成するユニット「はぴだんぶい」が、MONKEY MAJIK(モンキーマジック)より楽曲提供を受けた新曲『ハッピー戦隊★はぴだんぶい』のミュージックビデオを、9月17日(木)15時からサンリオ公式YouTubeにて公開中だ。

「はぴだんぶい」は2020年1月に結成した、サンリオの男のコ6キャラクター「ポチャッコ」「タキシードサム」「けろけろけろっぴ」「バッドばつ丸」「ハンギョドン」「あひるのペックル」が組むユニット。『はぴだんぶい』というユニット名には、「ハッピーになりたい男子たち、V字回復をねらう」という意味が込められている。
自分にスポットライトが当たらない時期も、自分らしさを大切にしてきたことで昨今人気を取り戻してきた彼らだからこそ言える、”大丈夫! 君は君のままで、きっとうまくいく。” というメッセージを発信し、色々なチャレンジを通じて「みんなをちょっとハッピーに」する活動を行っている。

そんな彼らの新曲『ハッピー戦隊★はぴだんぶい』は、「はぴだんぶい」公式ツイッターで募集し集まった「コロナ禍でみんなが抱えるもやもや」を、元気に歌って吹っ飛ばそうという企画のもと制作。「はぴだんぶい」×「MONKEY MAJIK」のコラボレーションで、みんなをハッピーにするヒーローソングが完成した。
過去にヒーロー映画の主題歌を担当したり、「HERO」というタイトルの曲もリリースしているMONKEY MAJIKからヒーローの心得を学びながら、軽快なテンポに乗せてはぴだんぶいが力強く歌い上げ、”無理しなくていい、どんな時も君の味方だよ” というメッセージを届ける。

公開中のMVでは、「はぴだんぶい」公式ツイッターのフォロワーから集まった、「動いてないので太りました」「実家に帰りたかった~ひとりは寂しい~」など、コロナ禍のもやもやを「はぴだんぶい」のメンバーが紹介し「もやもやBOX」の中へ納めていく。そしてヒーロー衣装に身を包んだ6人が 「もやもやBOX」を運び、爆破! 間奏部分で披露するメンバーそれぞれの決めポーズと決め台詞にも注目だ。

また9月25日(金)からサンリオの店舗に設置されるPOPについているQRコードを読み取ると、ミュージックビデオのメイキング映像を見ることができる。こちらも併せてチェックしよう!

そしてミュージックビデオにも登場し、みんなのもやもやをかっこよく爆破している「マスコットホルダー」を含む商品シリーズ「はぴだんぶいヒーローデザインシリーズ」が、2020年9月25日(金)より全国のサンリオショップ、百貨店のサンリオコーナー、サンリオオンラインショップ他で発売開始! ヒーロー衣装をまとったマスコットホルダーのほか、キーホルダー、キャラクター形巾着、 エコバッグ、ポーチ、ハンドタオル、クリアファイルがラインアップされている。
「はぴだんぶいヒーローデザインシリーズ」シリーズの詳細は、サンリオ公式ホームページ内グッズページを確認しよう。

また、「はぴだんぶい」公式ツイッターでは、フォロワーから集まった「コロナ禍のもやもや」を退治すべく立ち上がった「ハッピー戦隊はぴだんぶい」の物語を漫画にし、毎週「はぴだんぶい」公式ツイッターで公開中。
”家にいすぎて外に出たくなくなった怪人”「オコモーリー」など、コロナ禍に出現しがちな怪人を「はぴだんぶい」メンバーが救っていくストーリーとなっており、「いちご新聞」ではアナザーストーリーが連載中だ。

>>>ヒーローになった「はぴだんぶい」のグッズを見る

(C)79,85,88,89,90,93,20 SANRIO 著作 (株)サンリオ