マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。9月26日の放送は、「大変身した人のその後SP」と題して、過去の出演者たちのその後を追った。

最初は、2年前に合格者が続出しているという就活用写真スタジオと中継を結んだ際に、黄色いワンピース姿で登場した女子大生・本行慶子さんのその後に密着。野球好きで、プロ野球チームの本拠地がある仙台か福岡のテレビ局へ就職を希望していた彼女は、テレビ信州のアナウンサーになっていたことが判明する。

さっそく、本行アナがテレビ信州の局内を案内。自身の働くフロアでは、上司であるアナウンス室長の伊東陽司アナに番組に出演した際の「プロ野球選手をつかまえます!」と宣言したVTRを見られてしまい、「これを見てたら、ここにいなかったかもしれない」と告げられてしまう。

他にも先輩アナからいじられるなど、“愛されキャラ”として活躍する本行アナだったが、ニュースを読む場面では一転して真剣な表情に。しかし、番組の密着が入っているせいで緊張したのか、ミスを連発。「ごめんなさい」とスタッフに謝罪し、涙を流してしまう。上司の伊東アナに励まされた本行アナは「まだまだ未熟だなと思います」と反省し、「これを糧に頑張ります」と意気込んでいた。

続いて登場したのは、4年前に男性客が殺到する原宿の美容室と中継を結んだ際に出演した2人の青年。カリスマ美容師にカットをしてもらうために富山からやって来たアライくんは、現在、居酒屋の店員として働いており、「宮古島に移住して居酒屋を開きたい」と夢を打ち明けた。

また、「とにかくモテたい」と語っていた埼玉のイノくんは、昨年の5月に結婚。現在妊娠中の奥さんは番組の放送をリアルタイムで見ていたそうで、「タイプではなかった」とぶっちゃけつつも、「会ってみたら普通に落ち着きのある穏やかな人だった」とのろけていた。

インターネット上では、「アナウンサーの人もその上司もいい人そう。そういう人達の中で働きたいな~」「マツコ会議に出てたアナウンサーの人毎日見てるから、全国放送に出てて嬉しくなったw」「4年のうちに彼女作って4年のうちに結婚して4年のうちに子供が出来ているだとおおおお!? おめでとうだな!!」などのコメントが寄せられていた。

次回、10月4日の放送は、人気YouTuberグループの東海オンエアと釣りよかでしょう。が出演する。