偶然の重なり!30年間行方不明だったハイゴ-ポルシェが再び蘇るまで

ハイゴ-ポルシェは、約30年間行方不明になっていたが、イギリスで発見された。ラリー用ポルシェとして知られるこの一台は、約40年前にディーター・ロッシュアイゼンによって製作された。その後、ヴァルター・ロールらによってセットアップされたレプリカモデルが3台製作されている。計4台が初めて一堂に会したときのことだ。

1976年、ロッシュアイゼンはテスト部門のメカニックとしてポルシェに入社。それから4年後にはクラウス・ヘッセとコンビを組んで、国内ラリーや国際ラリーへの参戦をスタートしたのだ。「このシーズンで、わたしたちは資金を使い果たしてしまいました。そこでレーゲンスブルクで行われた国際ラリー参戦の祝勝会で、ハイゴ-ポルシェを売ることにしたのです」当時、まだ20代半ばだったロッシュアイゼンは、ドイツを代表するラリー・ドライバーのヴァルター・ロールから、イギリス人のバイヤーを紹介された。

蘇ったハイゴ-ポルシェ

それから30年が経った2009年11月、ロッシュアイゼンに1本の電話がかかってきた。電話の主はイギリスのストーク=オン=トレントに住むスティーブン・デイビス。シェフィールドで1台のクルマを購入したという。「ボロボロの布で覆われたクルマを、裏通りにある自動車修理工場で発見したんです」。彼は今回のミーティングのために、ドイツのバイエルン州シュトラウビングまで1800kmを自走してきている。

デイビスが購入したポルシェ 911 SCは、ロスマンズのカラーリングが施されていた。「ガレージに放置されていたため、工場の汚れがこびりついていましたよ」と彼は笑いながら話す。

このクルマでデイビスは、様々なイベントやラリーに参加した。ある日、ワークショップでロスマンズ・カラーの下にある別のカラーリングについて尋ねられた。もちろん彼は真相を知らなかったのだが、資料を探し、かつてこの911 SCには今とは違ったカラーリングが施されていて、ヴァルター・ロールのドライブでラリーに参戦していたことを発見したのだ。

ロッシュアイゼンは「最初、このクルマがまだ存在しているなんて信じられませんでした」と話す。「我々のマシンは、特にロールケージのウインドウフレームへの溶接方法が独特でした。1979年、私たちはこのハイゴ-ポルシェをジャンプによるねじれにも耐えられるよう、ラリー専用に作り上げたのです」。当時のポルシェのデザインスタジオで働いていたジンジャー・オステルによるアイデアでカラーリングは施された。

「ジンジャーは911を照明の下に置いて、ペトロール・ブルー・メタリックとグランプリ・ホワイトをクルマに照射しました。マルクトレドヴィッツ・ラリーが開催されたとき、クルマをチェックするためにパルクフェルメに向かっていると雪が激しく降ってきました。降り続く雪の光跡とグランプリホワイトのボディが完璧に調和して、信じられないほど美しかったことを覚えています」と、ロッシュアイゼンは振り返る。

デイビスは、写真をもとに911 SCを当時のコンディションへと戻すことを決める。30年近く放置されていたポルシェのレストア作業は2010年に完成し、その年開催された国際的なヒストリックモータースポーツショー「レースレトロ(Race Retro)」で公開された。

「スティーブは私に『君のレーシングスーツもパッキングしたから、一緒に特別なコースを走ろう』といってくれたのです。心に残る瞬間でした。自分のクルマと二度と会えないと思っていましたから」とロッシュアイゼンはいう。

ドイツに戻ると、ロッシュアイゼンはレストアショップのオーナーである友人のラファエル・デュエスを訪ねた。そこで彼は白い911 Gモデルと出会う。彼はデュエスにこのクルマをどうする予定なのか聞いてみると、「特に何もないね。この2年間はずっとリフトの上に置かれっぱなしだよ」と答えたそうだ。


そしてやることはひとつ・・・次回へ続く