1台1台ハンドメイドのスーパーカー│765台限定のマクラーレン 765LT生産がスタート

マクラーレン 765LTの最初のカスタマー・オーダー分が、イギリス・ウォーキングにあるマクラーレン・プロダクション・センターで手作業による組立作業に入った。これまでのマクラーレン・スーパーシリーズの頂点を極めた新しい「ロングテール」のデリバリーが、今月末から始まる。

1台1台ナンバリングした世界限定765台を、それぞれのオーダーに従って製作する。2020年の生産分は既に割り当てが決まっており、限定台数を大幅に超える数の関心が寄せられているという。

マクラーレン 765LTは、ドライバーとの一体感や最低限の車重、サーキット志向のダイナミクス、最適化されたエアロダイナミクス、増強されたパワーなど、名高いLTの特質をすべて体現している。極めて軽量な765LTは、重量削減のための総合的なエンジニアリング・プログラムによって、既にクラストップだった720Sから80kgの減量に成功している。また、765LTの専用エアロダイナミクスには、シェフィールド地方のマクラーレン・コンポジット・テクノロジー・センターで製造されたカーボン・ファイバー製パネルが初めて使用され、「ロングテール」部分には可動リアウィングも備える。

マクラーレン 765LT

最低乾燥重量 1229kgという軽さに加えて、マクラーレンが誇る4.0リッター ツインターボV8エンジンが発生する究極のパワーとトルク、最高出力765ps、最大トルク800Nmが、765LTの圧倒的な加速力を支えている。0-100km/h(0-60mph)加速が3秒を切るのは想定どおりであったが、新しいLTは静止状態からわずか7.0秒で200km/h(124mph)に達し、目標を0.2秒上回った。0-1/4マイル(400m)加速も驚異的な9.9秒という数値で、これも想定を超えている。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が仕様を決定した最初の数台もカスタマーに提供される。常に可能性のアートを追求するという確固たる原則に従い、MSOは今回も、パーソナライゼーションの可能性をまったく新しいレベルに引き上げる革新的で複雑なペイント技術をいくつも生み出した。

「ストレータ」と名付けられたテーマは、「動くアート」と呼ぶべきユニークでグラフィカルなペイントである。都市のスカイラインにインスピレーションを得た3色のデザインは、390時間におよぶ手作業のペイントと仕上げによって実現した。ストレータでは、ベースとなるアゾレス・オレンジに、メンフィス・レッドとチェリー・ブラックが重なり合い、この2色が反対方向に広がって、765LTのディヘドラル・ドアのパネル上でとけ合っている。このユニークなペイントスキームをさらに強調するのが、車両の内外に一貫する総合的なデザイン言語である。ブレーキ・キャリパーもとけ合うカラーの一部を成し、フロントはヴォルケーノ・レッド、リアはアゾレス・オレンジ。インテリアについてもMSOビスポーク部門の幅広いカラーが駆使されており、例えばシートのパーフォレーション部分はオレンジ、押しボタン式ドリンクシステムはメンフィス・レッドとなっている。

2つ目は、3Dハニカムを中心とした「ジオヘックス」という名のテーマ。MSOビスポーク部門のターマック・ブラックとトーキョー・シアンの目も覚める配色に、MSOディファインド部門のビジュアル・カーボン・ファイバーのコンポーネントが組み合わされ、インテリアの様々なディテールもこれにマッチした仕様だ。

そして、ここまでで最も魅惑的なプロジェクトといえるのが、ボディ全体をビジュアル・カーボン・ファイバー(VCF)にした仕様である。カスタマーの問い合わせに応えて、既にデモンストレーションモデルが1台完成している。デモンストレーションモデルは、緻密な織りの純粋さや複雑さを示すため、クリアグロス・カーボン・ファイバーで製造された。765LTのMSOビスポーク・カーボン・ファイバー・ボディは、デザインの意図に応じて複雑さを変えられるビスポークのカラーも複数用意している。