97年、わずか38台のみ再販されたヴィンテージZ|1970年式 ダットサン 240Z スポーツ「ヴィンテージZ」 Vol.1

撮影時、このクルマのそばを通った若いアメリカ人が「ダッツン・ツーフォーティー・ズィー……」とつぶやいた。それほどダットサン240Zはアメリカ人にとってなじみ深いものだ。

 スポーツカーの開発に懐疑的であった日産本社に対し、北米日産社長だった片山豊さんはアメリカでの販売促進にスポーツカーは不可欠と訴え続け、開発計画を支持。1969年にフェアレディZが発売されると、翌70年に輸出専用のL24型エンジンを搭載したダットサン240Zを北米日産で販売開始。ポルシェ911の価格が約1万ドルだったのに対し、約3600ドルに抑えたこともあって世界総販売台数約54万台(国内販売は約8万台で、ほとんどがアメリカでの販売)の大ヒットを記録した。今なおアメリカで最も売れたスポーツカーの記録はやぶられていない。

 その後もアメリカでは、S130〜Z32まで販売されたが、営業不振で1996年にZを販売中止。翌97年には、日産のブランド戦略で長年アメリカで親しまれたダットサンブランドが廃止された。

 しかし、アメリカでのZへの熱は冷めることなく、1998年には米国日産が独自にプロトタイプを製作。99年のデトロイトショーへ出品。S30Zを現在に甦らせるようなデザインであったことから世界中のZファンが熱狂。この動きがルノー傘下に入ったばかりの日産本社を動かし、一気にZ33フェアレディZ発売へとつながることになった。

Z32フェアレディZの発売中止直後の97年、北米日産によってレストアされたヴィンテージZ。わずか38台のダットサン240Zのみが再販され、そのほとんどがアメリカでの発売だったため、直接目にする機会は少ない。撮影車は、日本に輸入された3台のうちの1台だ。しかし、わずかな生産数ながら、このプロジェクトがはたした役割は大きかった。


240Zのエンブレムなど、全ての画像を見る