歌舞伎俳優の松本幸四郎と市川猿之助が、9月22日に放送された『バナナサンド』(TBS系、毎週水曜23:56~)の3時間スペシャルに出演。猿之助が日曜劇場『半沢直樹』で演じた東京中央銀行・証券営業部部長の伊佐山泰二に扮し、伊達みきお(サンドウィッチマン)と日村勇紀(バナナマン)にアドリブで説教をした。

バナナマン(設楽統、日村)とサンドウィッチマン(伊達、富澤たけし)がMCを務めるトークバラエティ。この2組がゲストを挟み、様々な企画に挑戦。ゲストをとことん楽しませ、他では見られない一面を引き出していく。

『半沢直樹』の大ファンだという伊達と日村が、それぞれ好きなシーンを紹介。日村は伊佐山が堺雅人演じる半沢直樹に対して電話越しに「お前の負けーーー!」と言ったシーンを挙げ「伊佐山さんの“嫌な奴”感がすごかった」と絶賛すると猿之助は「本当にうざいと思われたかった」とコメント。ほかに、香川照之演じる大和田暁に言った「土下座野郎」と、半沢に言った「詫びろ!」を8回連呼したのはアドリブだったことなどを明かした。

そして、ドラマにすっかり魅了されている伊達と日村が、伊佐山に扮した猿之助にアドリブで叱られることに。伊達は夜中にこっそりカステラを買いに行き、家族に内緒で食べているというエピソードを伝えられた猿之助は、『半沢直樹』のBGMが流れる中、「伊達くん、高血圧のくせに。夜中に何か買いに行ってるらしいな? それは何だ? 言ってみろ。言えない? 代わりに言ってあげようか。(口パクで)カステラ? 覚えある? このカステラ野郎」と顔芸を交えて説教。伊達は「気分が高揚してます」と感激しきり。

続いては日村の番。ホテルのビュッフェでサーモンと間違えて大量のガリを皿にとってしまったエピソードを聞いた猿之助は、ホテルのビュッフェで一緒に食事をしているという設定を日村に指示。そして「お前……サーモンとってこいって言ったよな? サーモン! さ・か・なのサーモン! お前これなんだと思う? サーモンってこんなに酸っぱかったかな? これはサーモンなんかじゃねぇ、ガリだ……これはガりだガリだガリだぁ~~~!」と絶叫。スタジオは爆笑に包まれ、日村は「俺、もうちょっとかっこいいエピソードで怒られたかった。恥ずかしい~」と苦笑いした。

さらに、伊達と日村のある共通点について一緒に叱ってもらうことに。すると猿之助は大和田のあるセリフのモノマネを披露し……。

インターネット上ではこのサービス精神たっぷりな猿之助に対して、「伊佐山部長のガリだー! で笑いすぎて涙出ました」「伊佐山部長を全力でやってくれる猿之助さん最高!!」「伊佐山部長の再来 カステラ野郎 ガリだガリだガリだぁ〜〜〜無理でth おもろ過ぎでth」などの声が寄せられていた。