ニューワールド、日本のものづくりに特化した「CRAFT STORE」を「Shopee台湾」に出店 アジア向け販路拡大

日本のものづくりに特化したECサイト「CRAFT STORE」を運営するニューワールドは9月18日、台湾・東南アジア最大のマーケットプレイス「Shopee」に「CRAFT STORE」を出店し、台湾を対象とした販売を開始した。アジアへの販路拡大を目指す。

【アジアに売り出す日本の逸品はこちら】

日本中を旅して巡り合ったいいものを販売するという「CRAFT STORE」では、現在81ブランド、776点の商品を扱っているという。今回の「Shopee」への出店では、メイドインジャパンのうつわや鍋、日用品などを中心に約60点をセレクト。対象ブランドには、和紙素材の雑貨を提案する「SIWA」(山梨)、属研磨のプロ集団による「磨き屋シンジケート」(新潟)、波佐見焼の食器「eni」(長崎県)、有田焼の歴史を未来へと繋ぐ「1616 arita japan」(佐賀)などをラインアップしている。


取扱商品の一部

ニューワールドは、「日本ブランドを世界No.1へ」をビジョンに掲げ、「CRAFT STORE」の越境ECでの取り組みを進めており、越境ECへの出店は、2020年3月のシンガポールを拠点としたECサイト「Sift&Pick」に続き2店舗目となるという。

新型コロナウイルスの影響により、今後の国内消費は冷え込むことが予想されている。こうした状況を受け同社では、現在行っている「オンライン陶器市」など国内における窯元支援に加え、越境ECに取り組むことは産地や日本経済に貢献するとの判断から、国外での販売の積極的な強化を図るとしている。


「CRAFT STORE」Shopee店
https://shopee.tw/shop/279837401/