ポルシェの水陸両用のオフロード車開発│軽量兵員輸送車ができるまで

1940年6月、ポルシェKGは4輪駆動のタイプ87 ”VWキューベルワーゲン”をベースとした水陸両用のオフロード車の開発を軍兵器局から要請された。最初の実験的なタイプ128”VW水陸両用車”は、ツッフェンハウゼンのポルシェ工場の池で初期の試験が課せられ、11月上旬、さらに3台のタイプ128 ”VW水陸両用車”について、より広範囲な試験走行が行われた。

この年、Dr. Ing. h.c. F. Porsche KG は”KdFワーゲン”のために多くの細部にわたる技術的ソリューションを開発した。例えば、オールシンクロメッシュのトランスミッションやガソリン/電気式ヒーターなどである。

8月、ベルリン風力研究会社のためにポルシェ設計事務所は一連の風力発電機の設計を開始した。製造されたのは電力区分130 W(タイプ135)、736 W(タイプ136)、4500 W(タイプ137)の3種類の風力タービンで、これらは試験のためにツッフェンハウゼン、シュヴァーベン地方グミュント、およびホーエンハイムに設置された。最も大きいタイプ137の三枚羽根ローターの直径は9.2mで、高さ17mのスチール製の台の上に備えられた。

オーストリアのシュタイヤー社のためにポルシェのエンジニアはオートバイ用リアサスペンションや木炭ガス発生装置を開発した。また8気筒のシュタイヤー社の車や軍用の全輪駆動トラックについてもノウハウを提供した。1940年9月、65才の誕生日に合わせて、帝国科学教育省はフェルディナンド・ポルシェ博士に名誉教授の称号を授与している。

1941年、ダイムラー・ベンツAGの取締役会は兵器省に対し、ポルシェ設計事務所をコンサルタントに採用することを提言、これを受けて帝国兵器・弾薬大臣フリッツ・トート博士は6月、ポルシェ博士を戦車委員会の議長に指名した。戦時経済に移行する中で、ツッフェンハウゼンの主力工場では1941年~1944年の間、外国人労働者が強制徴用された。

重量区分50トン超の戦車について軍兵器局から入札公告があり、ポルシKGはタイプ101” タイガー”によってこれに参加した。しかし、まったく新しい空冷10気筒ディーゼルエンジンを開発して量産可能な完成度にまで高める時間的余裕がなかったため、ライバルのヘンシェル社が落札した。

タイプ111のトラクターの進化バージョンであるタイプ112 ”フォルクストラクター”が登場、より大型のエンジンと最適に改良されたトランスミッションが搭載された。空冷V型2気筒エンジンの排気量は1700ccで、定格出力は15psだった。

タイプ128 ”VW水陸両用車”と138 ”VW全地形対応車”の試験と開発の結果、ホイールベースを短くした、より小型の新しいコンセプトのタイプ166 ”軽量兵員輸送車” 実験車両が誕生。コンパクトな構造により車両重量わずか900kgとなったタイプ166はオートバイとサイドカーの組み合わせに代わるものとして造られた。