セリカの型式である「A」を受け継いだスープラ。その限定車|トヨタ スープラ 2.5GT ツインターボ R Vol.1

「Supra」とは、「至上」であり「最高」であり、「超越」することを意味する古代ラテン語である。そのスープラという名を冠した意図は、往年の名車「トヨタ2000GT」を超える存在となるという、開発コンセプトにあった。

 「スープラ」という名称は、A60セリカXXの輸出仕様が「セリカ・スープラ」と名乗っていたことから。ところが、1986年の70スープラのデビューによってセリカとスープラは切り離され、スープラが独り立ちすることに。ただし、セリカの型式である「A」の型式はスープラが継承することになった。

 スープラのライバルと目されたのは、アメリカで確固たる人気を築いていた日産フェアレディZ(Z31)やマツダRX‐7(SA22C)など。ところが、国内においては、最強のライバルは同じトヨタにあった。それが、プラットフォームを共有する兄弟車の「ソアラ」だ。

 70スープラの開発主査である和田明広主査は、「ソアラは最高級プレステージスペシャリティーとして、トヨタの先進技術の粋を結集したクルマづくりを目指す。スープラは、より運動性能を高めたスポーツカーが狙いだ」とソアラとのコンセプトの違いについて語っている。「グランツーリスモ」から「リアルスポーツカー」へ、70スープラの挑戦が始まったのだ。

ターボR純正のダークシルバーアルミホイールなど、全ての画像を見る