中日・大野雄大

○ 中日 3 - 0 ヤクルト ●
<17回戦・ナゴヤドーム>

 中日がエースの快投で4連勝。2カード連続の勝ち越しを決めた。

 この日は2連敗中だった大野雄大が奮投。序盤2イニングこそ散発2安打を許したものの、ストレートとツーシームのコンビネーションでヤクルト打線を翻弄。2回の最終打者・石川雅規からは出塁を許さずにアウトを積み重ねた。

 味方打線は相手先発・石川の前に打者一巡をパーフェクトに抑え込まれたが、4回二死走者なしから3番・アルモンテのソロ弾で先制すると、5回には平田の適時打で加点。7回の木下拓哉の適時内野安打で奪った3点目が勝利を決定づけるのに十分な一打となった。

 大野雄は投球数が「100」を超えた9回も、1番・濱田太貴から始まる上位打線を三者凡退で片付けシャットアウト。9回(122球)を投げて、被安打2、与四球1、奪三振11という圧巻の投球内容で、今季6勝目(5敗)を手にした。

 大野雄は試合後のお立ち台で「木下が使えるボールをリードしてくれて、なんとか乗り切れた」と立ち上がりの場面を振り返り、「ほんまに要所要所で真っ直ぐを要求してくれたり、よく勉強してくれてるなと思いました」と女房役に感謝。

 ともにお立ち台に上った木下拓哉は「球も力がありましたし、変化球も腕が振れていた。連戦でチームもキツイところでエースが頑張って勝てたので、また明日から頑張れる気がします」と大黒柱の力投に最敬礼していた。