『ミッキーマウス展』が日本上陸! 世界的アーティストらがミッキーを表現

朝日新聞社・日本テレビ放送網は、2020年10月30日(金)から2021年1月11日(月・祝)まで、ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して2018年~2019年にニューヨークで開催された展覧会「MICKEY: THE TRUE ORIGINAL」の作品を中心とした「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」を、森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)にて開催する。

ウォルト・ディズニーが大切にしてきた「革新=INNOVATION」「創造力=CREATIVITY」「想像力=IMAGINATION」「物語性=STORYTELLING」の理念。そしてその傍らでともに歴史を歩んできた一匹の愛すべきキャラクター、ミッキーマウス。 1928年に『蒸気船ウィリー』でスクリーンデビューしてから、ウォルト・ディズニー・カンパニーのグローバル・アンバサダーとして、常に新しいインスピレーションを与え続け、世界中の人に愛されている。

ニューヨークで開催された展覧会「MICKEY: THE TRUE ORIGINAL」は、”唯一無二の存在” として、世界中のポップカルチャーやアートに影響を与えてきたミッキーマウスにインスピレーションを受けて作られた没入型の展覧会。ミッキーマウスのスクリーンデビュー作である白黒のトーキー・アニメーション『蒸気船ウィリー』から、 100本を超える色彩豊かなカラー短編アニメーションまで、ミッキーマウスを新たな視点で捉え、いつまでも記憶に残る、新しいミッキーマウスとの出会いを体験できる場となった。

ミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念して2018年11月から2019年2月にかけてニューヨークで開催され、ニューヨークを拠点に活躍するダニエル・アーシャム、ブライアン・ロエッティンガーら、世界各国の現代アーティスト20名以上のインスタレーションが一堂に会し、3カ月の間に世界中から多くの人が訪れ、大盛況のうちに幕を閉じた。

この度開催される「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」では、ミッキーマウスの過去から現代まで、アートの旅を体験できる。ニューヨークで大好評を博した「MICKEY: THE TRUE ORIGINAL」から選りすぐった作品を中心に、「原点=THE ORIGIN」、「現代=THE TRUE ORIGINAL」、「未来=& BEYOND」の3つのゾーンで構成し、時代に合わせて変化し続け、常に未来を牽引し、 ”唯一無二の存在” であるミッキーマウスの進化を展望する。

「未来=& BEYOND」ゾーンでは、日本展オリジナル企画として、各ジャンルの第一線で活躍する大島智子(イラストレーター、映像作家)、河村康輔(コラージュアーティスト、グラフィックデザイナー、アートディレクター)、添田奈那(ペインター、アニメーション作家)、書道家 万美(カリグラファー)、WAKU(ネオンアーティスト)の5名の日本人アーティストによって創造された、新しいミッキーマウス作品が初公開される。

また会場内には、本展オリジナルグッズや先行販売商品など多数のミッキーグッズを揃えたミュージアムショップを展開。ミッキーマウスの原点である『蒸気船ウィリー』と『ファンタジア』の新しいグッズや、日本人アーティストの作品グッズなど、色々なミッキーの表情に出会えます。是非、展覧会の記念に、お気に入りのグッズを見つけてみてはいかがだろうか。

さらに来場者特典として、「ミッキーマウス展 THE TRUE ORIGINAL & BEYOND」オリジナルエコバッグ(全4種)のうち、いずれか1つがプレゼントされる。

>>>オリジナルグッズや日本人アーティストを見る

(C)Disney