モウリーニョ監督がデレ・アリに言及 [写真]=Getty Images

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、同クラブのイングランド代表MFデレ・アリについてコメントした。20日、イギリスメディア『Football London』が伝えた。

 デレ・アリは13日のプレミアリーグ開幕節エヴァートン戦で先発出場を果たしたものの、低調なパフォーマンスに終始し、前半終了時点で途中交代。17日に行われたヨーロッパリーグ予選2回戦ロコモティフ・プロヴディフ(ブルガリア)戦では遠征メンバーから外れ、20日のプレミアリーグ第2節サウサンプトン戦でもメンバー外となった。

 そんな同選手は今夏の移籍が噂されており、現在はパリ・サンジェルマンが同選手の獲得に動き出したことが報じられている。

 サウサンプトン戦で5-2の大勝を収めたモウリーニョ監督は、試合後のインタビューでデレ・アリについてコメント。サウサンプトン戦でメンバーから外れた理由を次のように説明した。

「私は移籍市場の担当者じゃないから、君の『デレ・アリが去る可能性はありますか?』という質問への答えは持ち合わせていないよ。私が確かに言えることは、今日は8選手をメンバー外にしたということ。彼らはロンドンに留まり、今朝トレーニングを行った。なぜなら、私たちには多くの選手がいて、デレもその1人だ」

「見ればわかることさ。全員を先発にはできないし、ベンチメンバーにDFと中盤を置かないわけにもいかない。チーム作りがパズルであることと同じように、ベンチワークもパズルなんだ。ベンチには(GKのジョ・ハート以外に)、トビーとセルジュ(アルデルヴァイレルトとオーリエ)、ムサとジオ(シソコとロ・チェルソ)、(エリク)ラメラ、そして(ステーフェン)ベルフワインがいた。ベンチにDFを置かず、ウインガー4人もしくは3人のウインガーと10番を置くのは無理さ。だから彼はメンバーから外れた。彼は多分、火曜日(カラバオ・カップ3回戦レイトン・オリエント戦)に出場するだろうし、他の選手がメンバーから外れることになる」

 また、モウリーニョ監督とインタビュアーは、次のようなやりとりも交わした。

Q.デレをチームに残すことを望んでいますか?
「私が望むのは、バランスの取れたチームだ。それが私の望むことさ」

Q.彼はその「バランスの取れたチーム」に入ることができますか?
「イエス。彼が“いけにえ”になる必要はない。でも、チームはパズルなんだよ」

Q.あなたは今でも新しいストライカーを必要としていますか?
「イエス」

Q.あなたはストライカー獲得に向けた仕事を行なっているのでしょうか?
「さあね。私の仕事は、選手たちと勝利に向けた取り組みを行い、それを管理することだ」