古巣の補強事情に言及したギャリー・ネビル氏 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・UのOBであるギャリー・ネビル氏が古巣のセンターバック(CB)事情に言及した。19日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・Uは19日、プレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスと対戦し、1―3で敗れた。2015―2016シーズンから2019―2020シーズンまで5季連続で開幕戦勝利を収めていたマンチェスター・Uだが、今季で連続記録は途切れ、黒星からのスタートとなった。

 今節を観戦していたネビル氏はマンチェスター・Uの補強について、『スカイスポーツ』に以下のように語った。

「オーレ・グンナー・スールシャール監督はなぜもっと多くの選手を補強しないのか、質問されることになるだろう。これはずっと言われていることだが、特に今、リヴァプールやチェルシーが積極的に補強を進め、トッテナムがギャレス・ベイルを獲得したからね」

「ジェイドン・サンチョの話はいくらでもできるが、走れて1対1の守備ができるセンターバックを獲得するまでは、リーグ戦で勝つことはできないだろう。ヴィクトル・リンデロフやハリー・マグワイアと並んで、機動力があり、素早く、堂々としたセンターバックが必要だ」