トッテナム復帰が決まったベイル [写真]=Getty Images

 トッテナムは19日、レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルを期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 1年間の期限付き移籍で、背番号は「9番」を着用する。イギリス各メディアは期限付き移籍のための手数料とベイルの給与として2000万ポンド(約27億円)をトッテナムが負担すると報じている。

 現在31歳のベイルは、かつて2007年から2013年にかけてトッテナムでプレー。当初のポジションはサイドバックだったがその攻撃力が評価されると、主にトップ下でプレーした2012-13シーズンにはリーグ戦21ゴールを決める活躍を見せた。その後8500万ポンド(115億円)の移籍金で加入したレアル・マドリードではケガに苦しんだ時期もあったが、2度のリーグ優勝や4度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献。そして今回、約7年ぶりとなる古巣への復帰が決まった。