阪神・秋山拓巳

○ 中日 4 - 1 阪神 ●
<14回戦・ナゴヤドーム>

 阪神は投打とも振るわず連勝は2でストップ。DeNAに敗れ3連敗となった首位・巨人とのゲーム差は9.5のままとなった。

 先発の秋山は3回まで1安打無失点と上々のスタート。4回も二死一塁で5番・高橋をボテボテの投ゴロに退けたと思われたが、自らの一塁送球が逸れ、一転して二死二、三塁のピンチ。続く阿部に痛恨の左越え3ランを浴び一気に3点を失った。

 7回も一死二塁の場面で、何でもない投ゴロを一塁へ悪送球。再び自らのミスで4点目を献上し、7回5安打4失点(自責0)で2敗目(5勝)を喫した。

 打線は初回に無死一、二塁、2回は無死二塁の先制機を作るも、後続が倒れいずれも無得点。3回以降は立ち直った中日先発・福谷の前にチャンスすら作れなかった。9回に6番・ボーアの中犠飛で1点を返すも、完封負けを回避するのがやっと。阪神は投打とも振るわず、中日戦の連勝も5で止まった。