巨人・パーラ(C) Kyodo News

○ DeNA 7 - 1 巨人 ●
<14回戦・横浜>

 19日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル DeNA-巨人戦』で解説を務めた井端弘和氏が、巨人の新外国人・パーラについて言及した。

 パーラは0-3の6回に投手・今村信貴の打順のところで、代打で登場するも、濵口遥大のストレートに空振り三振。井端氏は「タイミングが取れていなかったですね。トップがしっかり取れていませんので、変化球は出されていますし、まっすぐは差し込まれていましたよね。打撃練習を含めて、もう少し打席に立ったりを意識的にやっていかないと、というところはあると思います」と指摘した。

 パーラは1-3の7回一死満塁では、左のエスコバーのスライダーを前に投併殺打に倒れ、7回裏の守備から交代となった。

 故障で離脱していたパーラは18日に一軍復帰したが、同日のDeNA戦は4打数0安打3三振、この日は2打数0安打1三振だった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)