バイエルンへの移籍が濃厚となったセルジーニョ・デスト [写真]=Getty Images

 バイエルンはアヤックスに所属するアメリカ代表DFセルジーニョ・デストの獲得に近づいているようだ。18日、ドイツ紙『ビルト』が報じている。

 以前からデストの獲得に興味を示していたバイエルンはすでに、アヤックスと合意に至ったという。契約期間は4年間で、1年間の延長オプション付きになるとみられている。

 デストは以前、オランダのテレビ番組でバルセロナへの憧れを明かしており、同クラブへ移籍する可能性が取りざたされていた。しかし、バルセロナは同選手に対し具体的なオファーは出していないという。

 同選手は現在、あとはバイエルンと正式契約を結ぶだけという状況になっており、昨季チャンピオンズリーグ(CL)を制覇した同クラブへの移籍が濃厚となっている。

 デストはオランダ生まれの現在19歳。アヤックスの下部組織出身で、昨年9月にトップチーム昇格を果たした。昨季は公式戦36試合に出場し、2得点6アシストを記録。また、昨年9月にはアメリカ代表デビューを果たし、通算3試合に出場して1アシストを記録している。