映画「海獣の子供」の渡辺歩監督。

「第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」が、明日9月19日から27日まで、東京・日本科学未来館で開催される。それに先がけて本日9月18日、メディア向けの内覧会が行われた。

同展は世界107の国と地域、3566点におよぶ応募作品から選出された受賞作品を展示する、メディア芸術のフェスティバル。今年は新型コロナウイルス感染防止対策として、来場人数を制限し、事前予約制にて実施される。また会場を360°VRカメラで撮影し、特設Webサイトにて公開することで、来場できない人もメディア芸術祭の世界観を楽しめるようになっている。

アニメーション部門の大賞を受賞した映画「海獣の子供」の展示スペースでは、大型スクリーンでの映像投影に加えて、絵コンテやレイアウト修正といった資料を展示。また優秀賞受賞作品「ごん」のコーナーではストップモーション撮影に使われた人形や小道具、新人賞受賞作品「向かうねずみ」の一角ではプロジェクターとカメラを搭載した台車など、いずれの作品も創作の裏側に触れられる貴重な資料が並べられた。

マンガ部門では、大賞を受賞した島田虎之介「ロボ・サピエンス前史」をはじめ、多くの作品で肉筆原画や複製原画を展示。ソーシャル・インパクト賞を受賞した真鍋昌平「闇金ウシジマくん」のスペースでは、取材ノートや構成メモ、執筆に使われたペン先やカッターの刃などが披露されている。優秀賞受賞作「あした死ぬには、」の展示には雁須磨子が本展のために描き下ろしたカラーイラストも。メディア芸術祭の特設サイトでは、このイラストの着彩過程を見ることができる。

なお特設サイトでは、明日9月19日から27日にかけて、受賞者たちによるトークイベントを配信。19日は各部門の大賞受賞者によるトークが予定されており、アニメーション部門「『海獣の子供』淀みと煌めきの先にあるもの」が14時より、マンガ部門「時を超える『マンガ』そして『サピエンス』」が16時より配信される。タイムテーブルや出演者など、詳細は特設サイトにて確認を。

第23回文化庁メディア芸術祭受賞作品展

期間:2020年9月19日(土)~27日(日)
会場:東京都 日本科学未来館