ヤプリ、リアル行動分析のTangerineと連携 自社アプリとビーコンでプッシュ通知可能に

アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供するヤプリは9月18日、リアル行動データプラットフォーム「Tangerine nearME(タンジェリン ニア ミー)」を展開するTangerineとの連携を開始した。「Yappli」で開発したアプリを使用する顧客に対し、オンライン・オフラインの行動データや位置情報を起点としたプッシュ通知コンテンツの表示を可能にし、店舗とECを横断したコミュニケーションの実現をサポートする。

「Yappli」は、企業と顧客を繋ぐアプリプラットフォームとして、幅広い業界において自社アプリの開発を支援している。一方「Tangerine nearME」は、ビーコンをはじめとする様々なオフラインデバイスを利用することで、顧客のオフライン行動データを蓄積・分析するリアル行動データプラットフォームで、オンラインとリアル店舗の両方を持つ企業や公共機関において導入が進んでいるという。

今回の連携により、Tangerineの提供するビーコンを店舗へ設置し、「Yappli」で開発したアプリをインストールしている顧客の来店時に「Yappli」と連携した「nearME SDK」がビーコン(来店情報)を受信して、来店と店内回遊を正確に判定しプッシュ通知を送ることが可能になる。その場で使えるクーポンの送信、来店スタンプの発行、お気に入り登録していたアイテムの案内や属性に合わせたメッセージの送信といったことができるという。ディープリンクを活用し、アプリを自動的に店舗モードに切り替え利便性を高めることも可能。「Tangerine nearME」によるアプリユーザーの来店分析により、来店履歴や自社ECの行動履歴、属性などのデータに基いたアプリ内コミュニケーションが行えるとしている。



その他、売り場別の来店者数・新規/リピート分析・滞在時間や、プッシュ通知のCVR分析なども可能。アプリが店舗集客・売上にどの程度貢献しているか等の行動を定量的に可視化する事で、リアル店舗のマーケティング全体戦略へ活かすことができる。店舗の混雑状況を収集し、顧客へ知らせすることで安全なショッピングの提供も可能だとしている。なお同サービスの利用には、「Yappli」の導入と「Tangerine nearME」の導入が必要となる。

TSIホールディングスグループの「Laline JAPAN公式ショッピングアプリ」と「ROSE BUD公式ショッピングアプリ」では、すでに導入を開始しており、アプリにログインしたスマホを持って店舗へ行くと来店スタンプが貯まる、ンラインショップと店舗で利用可能なポイントが貯まるメンバーズカードになる、最新情報の配信やスタッフおすすめのスタイリングの提案などに利用しているという。


TSIホールディングスグループの「Laline」、「ROSE BUD」で導入開始

9月24日には、ヤプリとTangerineが共催し、ニューノーマル時代のリアル店舗の役割とは何かを共に考えるオンラインセミナー「オフラインデータを活用した、リアル店舗の新しい施策とは」を開催する。オフライン・オンラインの行動データや位置情報を起点としたアプリマーケティング施策を、具体例を交えて提供するという。