楽天、国内初の高度差で山岳エリアのドローン配送に成功 将来的に出店者の物流へ貢献

楽天は9月18日、白馬村山岳エリアにおいてドローンを活用した物資配送の実証実験に成功したことを発表した。離陸地点と着陸地点の高度差は約1600mあり、この高度差でのドローンによる物資配送は国内初の事例となる。徒歩で約7時間かかるルートを約15分で配送できたという。

今回の実証実験は、長野県白馬村を含む11の企業・団体・自治体が参画するドローン物流実用化協議会が、山岳エリアの抱える物資輸送における課題解決を目指し、今年8月中旬から9月中旬までの約1カ月にわたり実施。楽天はドローンの配送ソリューションの提供や運用を担った。

長野県白馬村の白馬岳(標高2932m)の登山口にある「猿倉荘」(標高1250m)から、日本最大級の山岳宿舎「白馬山荘」(標高2832m)および白馬岳頂上宿舎(標高2730m)までの片道約5kmをドローンの配送ルートとし、振動により傷みが生じやすい桃や梨など最大5kgの物資を、傷つけることなく無事に配送した。


「猿倉荘」(標高1250m)で物資(桃)を配送ボックスに積み込む様子

「山岳エリアは本当に物流課題抱えている。ヘリコプターが配送を担っているが、業者は年々減っており、荷揚げ費用は高騰している。さらにヘリコプターは靄がかかると飛べない。今回、桃を運んだが、ヘリコプターで大量に運んでしまうと傷んでしまったり、余らせて廃棄になってしまったりするため、山小屋で新鮮なフルーツは扱いにくかった。ドローンであれば傷を付けることなく、必要な分をタイムリーに配送できる」(楽天 ドローン・UGV事業部 谷真斗シニアマネージャー)と話す。


物資(桃)を傷つけることなく山荘スタッフへお届け

物資輸送が滞るなどの万が一の事態が起きた場合は、山小屋が孤立してしまう危険性もあることから、同協議会は2018年より、従来の手法よりも効率的かつ危険性の低いドローンを活用した物資配送の実証実験に取り組んできた。楽天は今年から同協議会に参画し、ドローンの航続距離や無線通信などの山岳エリアならではの課題解決に向けてドローン配送ソリューションの提供を担い、これまでの実証実験やサービス提供を通じて蓄積したノウハウを生かし、今回の実証実験の成功に貢献した。


9月18日に開催した実証実験の報告会の様子

「今回は人を配置してドローン配送を行ったが、来年以降に補助者を置かない目視外飛行を行っていきたい。そのための要素技術を今回検証できた。ドローンのカメラで確認して飛行したり、地元事業者と連携して取り組んだりすることも検証した。今回、白馬村のルートを開拓でき、ノウハウも蓄積できた。今後、他の山小屋でも実施できるように展開したり、さらに運用方法を確立できるようにしたい」(同)と話す。


12の県でドローン配送、実用化へ前進
楽天は、これまで「ドローン配送による物流困難者の支援」を事業目標のひとつに掲げており、離島など物流困難地域に住む人々を支援するため、実証実験や新たな物流ソリューションの提供を、日本全国の12の県で実施してきた。現在、ドローン飛行には規制があり、市街地などで飛ばすのは難しい。まずは離島や山間部など物流に課題を持つ過疎地などでの実用化を進め、将来的にはより幅広いエリアでの実用化を目指す。

「物流困難地域で利用していただくことで社会受容性も高まり、ドローン物流のサービスも洗練されていく。規制が緩和されたときには街中でも実用化できるように準備を進めたい。フードの宅配サービスやタクシーの配車アプリなども当初はなかなか浸透しなかったが、さまざまな方が利用することで便利だと広まり、だいぶ普及してきた。こうしたことはドローン配送やUGV(自動走行ロボット)でも起こりうると考えている」(同)と見据えている。

楽天のドローン・UGV事業部は新規事業として立ち上がり、昨年、組織変更により、コマースカンパニーの物流事業の中に移ってきた。楽天の物流サービスの一環として、その他のソリューションと連携しやすいように組織体制も整えられており、将来的には楽天の出店者の配送サービス向上に貢献したい考えだ。