メッシュマスク2000枚販売の感謝セール ECサイトで「ecomasさらさらメッシュマスク」を9月25日まで20%OFFに

マスクブランド「ecomas」を展開する大林縫製は9月17日、自社ECショップ「ecomas ショッピングサイト」において、「ecomasさらさらメッシュマスク」の販売総数2000枚突破に感謝した期間限定セールを開催すると発表した。「ecomasさらさらメッシュマスク」を20%オフの価格で提供する。セールの期間は9月19日~25日。

【商品ラインアップや特徴はこちら】

「ecomasさらさらメッシュマスク」は、クラウドファンディング「MAKUAKE」にて、3日間で目標額700%を達成。その後、日本テレビの「news every.」の放送をきっかけに3日間で約1000枚を販売したという商品。UVカット紫外線遮蔽率99%、消臭性能、吸水速乾性能のある旭化成アドバンス開発の生地「TWINCOT UV」を表生地に使用。伸びのあるメッシュ素材は通気性に優れ、呼吸によるマスク内の蒸れを大幅に軽減するという。肌にあたる側には、スポーツウェアにも使用されているというツーウェイの接触冷感のある素材を使用し、耳ひもの長さを調節できるアジャスター、不織布やフィルターなどを挟めるフィルターポケットなどを備えている。



アジャスターやフィルターポケット付き

カラーは、ホワイト・グレー・ネイビーの3色に加え、秋の新色としてモカベージュ・ブラックが登場。1枚1960円(税込)のところ、今回の期間限定セールでは20%OFFの1560円(税込)で販売するとしている(新色はセール対象外)。セール開始の9月19日から予約を受け付け、発送の開始は9月24日から。


モカベージュとブラックが登場

「ecomasさらさらメッシュマスク」は、企画から製造までを自社にて一貫して行っており、素材から製造まですべてを日本製の日本製造にこだわったという商品。新型コロナウイルスによる自粛期間の影響は、製造の現場においても大きく、日本の縫製現場も若い人が働ける職業ではなくなり、現役でまだ働ける熟練の職人たちの仕事までもが無くなる事を危惧したという同社では、少しでも現場の支えになれるよう「再度日本の技術力と品質に目を向けて貰うきっかけになってもらいたい」との考えから、クラウドファンディングでの販売に挑戦したという。今回のセールは、その好評を受けての割引企画となる。


「ecomas ショッピングサイト」
https://ecomas.base.ec