大賞はカスタムファッションEC「FABRIC TOKYO」 JADMAが次世代EC企業を表彰、特別賞には「subsclife」

日本通信販売協会は9月17日、先進的な取り組みで通販業界の発展に貢献している中小EC事業者を表彰する「Next-generation Commerce Award(NgCA) 2020」の受賞企業を発表した。大賞にはカスタムオーダーファッションサービスを展開するFABRIC TOKYO、特別賞には家具のサブスクリプションサービスを提供するsubsclifeを選出した。顧客ニーズに合わせてサービスを可変するスタートアップ2社の受賞となった。10月6日、7日には、授賞イベントをオンラインにて開催する。

「NgCA 2020」は、生活者ニーズに丁寧に対応し、先進的なEC施策を展開することで業界の発展に貢献している中小EC事業者を表彰し、その取り組みを学ぶ、デジタルコマースに特化したイベント。第2回目となる今回は、応募企業と選考委員による推薦企業の中から、大賞をFABRIC TOKYO、特別賞をsubsclifeが授賞することが決まった。

カスタムオーダーファッションサービス「FABRIC TOKYO」を提供するFABRIC TOKYOは、RaaS(Retail as a Service)やサーキュラーエコノミーを意識し、顧客ニーズと社会変化にマッチしたサービス展開を行っている点。また、D2Cブランドクリエイターのための共創型コミュニティ「Original Lab by FABRIC TOKYO」を創設し、業界への貢献に取り組んでいる点が評価されたという。



家具のサブスクリプションサービス「subsclife」を提供するsubsclifeは、B2CからB2Bへ展開、顧客接点や商品の拡充などの新たな取り組みを通じて、良質な家具を所有するだけでなく必要な分だけ利用する概念を生活者に広げている点。また、このサービス自体が家具メーカー(ブランド)の顧客接点となり、ブランドと顧客をつなげる役割になっている点が授賞の理由だという。



10月6、7日には、「NgCA 2020」の授賞イベントをオンラインにて開催する。デジタルコマース分野において新しい試みを行っている大賞・特別賞の受賞企業の取り組みを取り上げる基調セッションと、デジタルコマースにおける顧客体験向上や売上向上につながるパートナーセッションを通じて、ECの新しい在り方やECのこれからを学べるイベントとなる。1日目には、大賞受賞のFABRIC TOKYOから森雄一郎代表取締役が登壇。2日目には、特別賞受賞のsubsclifeから町田健代表取締役社長が登壇し、ECの新しい取り組みについて話をするという。同授賞イベントの開催時間は、両日とも15時~17時30分。参加費は無料で、傘下には事前の登録が必要となる。


前回のイベントの様子


【授賞イベント概要】
名称:Next-generation Commerce Award 2020
会期:2020年10月6日(火)・7日(水)15:00~17:30 (両日とも)

[プログラム]
■第1日目(10月6日(火))
15:00~15:05 オープニング
15:05~15:35 『環境問題から考える、通販事業における梱包資材の選び方』 シールドエアージャパン合同会社
15:45~16:15 『顧客体験(CX)をあげる 顧客化ノウハウを持つオンライン接客とは』 株式会社空色
16:30~17:25 大賞受賞記念トークセッション 株式会社FABRIC TOKYO
17:25~17:30 エンディング

■第2日目(10月7日(水))
15:00~15:05 オープニング
15:05~15:35 『置き配によるUX向上 アフターコロナでも求められる新たな受け取り方法』 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
15:45~16:15 『with コロナ時代のデジタル販路拡大のために 次世代型ECプラットフォーム「メルカート」』 株式会社エートゥジェイ
16:30~17:25 特別賞受賞記念トークセッション 株式会社subsclife
17:25~17:30 エンディング

[会場] オンライン
[参加費] 無料(事前登録制)
[申込] 公式Webサイトよりお申込みください。
公式Webサイト: https://www.jadma.or.jp/event/ngca