AT免許でも運転可能!クラシックのチンクエチェントをEVにした『フィアット 500 ev』が登場

チンクエチェント博物館は、チンクエチェント (イタリア語で500の意味) の愛称で親しまれるイタリアのフィアット 500を愛する私設の自動車博物館である。中でも1957年~1975年に製造された旧いフィアット 500 (チンクエチェント・クラシケ) を所蔵・展示するとともに、保護・保存にも取り組んでいる。

この博物館では、チンクエチェント・クラシケを現代の暮らしの中で現役の車として乗ってもらうことも保護・保存につながると考えている。そこで、眠っていた車両を救い出し、当博物館プロデュースのもと、提携するイタリアのカロッツェリアでレストア(修復) し、電気自動車(EV)として蘇らせた。それが、『フィアット 500 ev』 である。内外装はオリジナルを活かしており、クラシケの趣も楽しむことができる。

写真を見る

一般的にクラシックカーはマニュアル車のイメージがありますが、電気自動車にコンバートした『フィアット 500 ev』 なら、オートマチック限定免許でも運転が可能。初めてクラシックカーに乗る方でも扱いやすく、楽しめる車である。

旧い車両を再生させ、より長く活用させていくことは、SDGs(持続可能な開発目標)につながると考えている。チンクエチェント・クラシケはイタリアでは文化遺産とまで称され、美しいボディはアートの領域でも高く評価されている。その美しいスタイリングと、EVを組み合わせた『フィアット 500 ev』 は、「これまでの輸入車・旧車の概念にとらわれない”新しい愉しさ”」 を提案できると考えているのだ。


【『フィアット 500 ev』 展示について】
『フィアット 500 ev』 を実際にご覧いただけるよう、チンクエチェント博物館をはじめ、各地のチンクエチェント・クラシケ ディーラー(販売拠点) にて順次展示を行う予定。
9月18日(金)~9月30日(水) チンクエチェント博物館( 愛知県名古屋市瑞穂区高辻町14-1)
10月4日(土)~10月14日(水) フィアット京都( 京都市左京区上高野諸木町47-1)
10月17日(土)~11月2日(水) ガレーヂ伊太利屋( 東京都江東区1-5-14)

www.museo500.com/fiat500ev