ファッションのサブスク「airCloset」が早朝・深夜配送、置き配サービスを開始 非対面受け取りのニーズにも対応

エアークローゼットは9月16日、月額制ファッションレンタルサービス「airCloset(エアークローゼット)」において、MagicalMoveが提供する宅配サービス「Scatch!(スキャッチ)」を導入し、早朝・深夜配送および置き配サービスを開始した。対象のエリアは、東京都内(一部エリア除く)および神奈川県・千葉県の一部エリアとなる。よりスムーズなレンタル商品の受け取りを可能にするとともに、
非対面で荷物を受け取りたいというニーズに対応する。

「Scatch!」は、AIを活用した効率的な配送により早朝・夜間に対応する宅配サービス。今回の導入により「airCloset」の利用者は、早朝6~10時・夜間20~24時の時間帯は1時間単位で、10時~20時の時間帯は2時間単位で受け取り時間の指定が可能となる。非対面での受け取りを希望する人には、宅配ボックスや指定場所への置き配にも対応する。さらに「Scatch!」マイページ上では、商品の配達状況やドライバーの位置情報をリアルタイムで確認することもできる。

対応エリアは、東京23区と狛江市、調布市、三鷹市、武蔵野市、小金井市、府中市、小平市、立川市、国立市、国分寺市。神奈川県の川崎市高津区、多摩区、宮前区、千葉県の市川氏と浦安市。早朝・深夜配送および置き配サービスを利用する場合でも、追加料金は発生しないという。

エアークローゼットでは、「忙しい全ての女性に、新しいファッションとのワクワクする出会いを楽しんでほしい」と考えてきたとし、仕事や家事、育児などで毎日忙しい中、よりスムーズなレンタル商品の受け取りが可能になることに加え、在宅中でも荷物を非対面で受け取りたいというニーズに応えるべく、「Scatch!」の導入を決定したとしている。早朝・深夜帯の時間指定や置き配の選択により、ユーザーはこれまで以上に手間なく、自身のライフスタイルに合わせて「airCloset」を利用できるとしている。また今回の導入で不在配送の減少を実現し、社会的に課題となっている「再配達問題」の解決にも貢献していきたい考えを示した。