広島県福山市、楽天と連携し「物産」「観光」活性化 割引クーポン活用した販売促進・観光誘客を実施

広島県福山市は9月14日、新型コロナウイルス感染症により甚大な影響を受けている観光関連事業者を支援するため、「物産」と「観光」を切り口に、ECサイトを用いて福山市をPRする取り組みを開始した。「楽天市場」と「楽天トラベル」内に同市のWEB物産展及び観光に関する特集ページを開設し、クーポンを活用した販売促進・観光誘客企画を実施する。

同取り組みでは、福山市内店舗が参加する「広島県福山市WEB物産展」を「楽天市場」内に開設。商品を購入する際に20%オフで購入可能な割引クーポンを楽天市場内で配布する。10月12日までとなる第1弾には78店舗が参加。12月頃に第2弾の実施も予定しているという。

さらに「広島県福山市WEB物産展」の開催期間に合わせ、「楽天トラベル」内に市内の観光スポットなどを紹介する特集ページを開設。4月1日~10月12日の期間、「楽天市場」の対象の福山市内店舗で合計150円(税込)以上購入した楽天会員に対し、福山市内の「楽天トラベル」登録宿泊施設で使える「3000円割引宿泊クーポン」を付与を実施している。また今後は、「楽天トラベル」を利用して福山市内に宿泊した楽天会員に、「楽天市場」の福山市内店舗で使える1000円割引クーポンの発行も予定しているという。


「広島県福山市WEB物産展」
https://event.rakuten.co.jp/area/fukuyama/exhibition/