宇多田ヒカル、Pentatonix、ももいろクローバーZ…本家と聴き比べたい“カバー曲”

(左から)番組ナビゲーターの清野茂樹、ももいろクローバーZの“かなこ”こと百田夏菜子、“しおりん”こと玉井詩織



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる「知識+音楽のハイブリッドプログラム」。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

番組通算250回目の放送となる9月13日(日)のオンエアは、「スペシャルウィーク特別企画」として生放送でお届け。先週に引き続き「ハピクロ的・本家と聴き比べたい! カバー曲プレイリスト」をお送りするとともに、豪華賞品が当たるリスナー参加型クイズを出題していきました。

◆250回目のハピクロ!
かなこ:今日は、「ハピクロ」通算250回目の放送でーす!

しおりん・清野:イェ〜イ! すごい!

しおりん:1年で50回放送しているとして、約5年、番組を担当させていただいているということになりますね。

かなこ:はい。これもひとえに番組を聴いてくれているリスナーのみなさん、そして番組を応援してくれているSUZUKIさんのおかげですね。本当にありがとうございます!

清野:そんな記念すべき“250回目のハピクロ”ということで、今日は生放送でお届けしております!

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「僕がおすすめしたいカバー曲は、Pentatonix(ペンタトニックス)の『Pretender』です。Official髭男dismのヒット曲なのは言うまでもありませんが、彼らの特徴は“すべてアカペラで歌われていること”です。イントロの部分から、声だけですべて作られています」(18歳 男性)

しおりん:めちゃめちゃカッコいい!

清野:アメリカのグループですよね。日本語で歌っているんですね!

しおりん:しかも“アカペラ”とは思えない厚みのある音……カッコいい!

かなこ:男性の方と女性の方のハーモニーがまた、心地いいし綺麗ですね。



しおりん:本当に聴き心地がいい。ずっと聴いていたいよね。

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「リクエストは宇多田ヒカルさんがカバーした『少年時代』です。井上陽水さんが歌うオリジナルの曲は、聴くだけで小学生の頃の夏休みを思い出すくらいの超名曲ですが、カバーの方では、宇多田さんの切ない声が過ぎ去ってしまう少年時代の儚さを表現しているようで、オリジナルとはまた違った名曲に仕上がっています」(37歳 男性)

しおりん:どの世代も知っている名曲ですよね。

清野:めちゃめちゃいいですね。

しおりん:また雰囲気が(オリジナルと)ガラッと変わりますよね。あと、“女性が少年目線の歌を歌う”っていうのがまた儚い感じがして、すごく素敵ですね。

かなこ:めちゃめちゃ素敵でした!

しおりん:“大人の夏”みたいな感じ。

かなこ:わかる! ちょっと大人な女性の感じもあって。儚さとカッコよさと切なさがある。

しおりん:この時期にピッタリですね。



<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「リクエストしたいのは、ももいろクローバーZの『The Show』です。もともとはオーストラリアの歌手Lenka(レンカ)さんの曲なのですが、ももクロがカバーするまで知りませんでした。ですが、今ではLenkaさんの歌と聴き比べをよくしています。Lenkaさんも ももクロも可愛く歌っていて両方大好きです」(24歳 男性)

清野:これはLenkaさんが2008年にリリースされた曲だそうです。

かなこ:レコーディングをする前にこの曲を聴いたんですけど、Lenkaさんは本当にかわいらしい歌声で。私たちは、“カバー”と言いますか、Lenkaさんの歌を日本語に訳して、近藤研二さんにリアレンジをしていただいたものを歌っているんです。なので、Lenkaさんの雰囲気に引っ張ってもらいながら、でも私たちらしく……っていうのが、ちょっと難しかったのですが、こうやって言っていただけるとちょっと嬉しいですね。

しおりん:嬉しいね。


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00~16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/