【運動時に最適】着け心地にこだわった「ベースボールマスク」を発売 3D裁断縫製加工による立体構造

独自開発で野球アイテムを提供しているフィールドフォースは9月11日、3D裁断縫製加工に夜つ立体構造のベースボールマスクをECサイトで発売した。通気性にもこだわっており、息苦しくならないように設計している。シンプルなデザインで、野球などスポーツ時はもちろん、日常でも使用できる。

【ベースボールマスクのディテールはこちら】

野球は学校のグランドや公共機関を使ってプレーをするため、マスクの着用の徹底が求められている。ただ、現場からは「暑い」「蒸れる」「耳が痛い」「消費が激しい」という悩みが多く寄せられている。「そんなストレスフルな世界から開放されプレーに集中してほしい」という思いから、野球人のための機能性に優れたマスクを開発し、商品を販売することにした。

マスクをする上で最もストレスとなると考えられる息苦しさを解消するため、通気性に優れたポリエステルを採用。さらにメッシュ素材とすることで通気性を高めている。柔らかい素材のため、肌への負担を軽減し、着用したまま運動しても、肌トラブルの発生、耳が痛くなるリスクが軽減できるという。


通気性にこだわった素材と構造

3D裁断縫製方式を採用し、マスクと口の間に空間が生まれる仕様にした。口元にマスクが当たるストレスを解消するとともに、空間が生まれることにより、さらに通気性も増し、涼しさも体感できるアイテムとなった。洗って繰り返し使用することも可能だ。

カラーバリエーションは3種類で、販売価格は500円(税別)。野球シーンでの活用がベースとなっているクオリティーであるため、日常生活での仕様はもちろん、他のスポーツでも有効活用できる。


3色を展開


「野球用品通販ならフィールドフォース」
https://www.fieldforce-ec.jp/