2020年の「デジタルD2C」市場規模は2.2兆円 売れるネット広告社が調査、2025年に3兆円まで拡大と予測

売れるネット広告社は9月9日、「デジタルD2C」の市場動向調査を行い、2019年の市場規模の推計、2025年までの年間の国内市場規模予測を公開した。2020年のデジタルD2C市場は、2兆2200億円に達する見通し。2025年には3兆円に達する見込みとの見解を示した。

2019年は、インターネット広告費が初の2兆円を超えを達成し、テレビ広告費を逆転するなど、デジタル化の新たな局面を迎えた。近年のスマートフォンの普及とSNSの浸透は、消費者の意思決定や消費行動全般に大きな影響を与えており、企画・製造・販売を一貫して自社で行い、会社のビジョンやブランド思想などを直接消費者に伝えるD2Cが存在感を増しているという。

スマートフォンの普及に伴い、情報の接点がインターネットメディアやSNSにシフトしたことで、消費者の情報リテラシーが向上してきたとし、マスで大きく宣伝されたことが必ずしも購買につながるとは限らず、デジタル接点でのブランドのストーリーに共感して購入する消費者が増えてきているという。ネットメディアに触れる時間が生活の一部となりつつある今、ブランドのビジョンや思想をうまく伝えることができれば、企業規模によらず十分に成長が見込める市場となっているとし、こうした状況を背景に、2020年の「デジタルD2C」市場は昨年対比109%の2兆2200億円に達する見通しとしている。

仲介業者を挟まず、消費者に直接商品を届けるD2Cは、SNS等による双方向のコミュニケーションを通じて商品・サービスのブラッシュアップが常になされるため、顧客との信頼関係を築きやすい。ブランドへのロイヤリティを育成し、生涯顧客価値・ライフタイムバリューを形成することに適していることから、その需要はさらに拡大していくとしている。これらを背景に「デジタルD2C」の市場規模は中長期的に高い成長を継続し、2025年には3兆円に達することが予測されるとの見解を示した。さらにコロナ禍における購買行動の変化は、D2C市場の成長を加速させることが予想されるとしている。