7月29日放送のMBSラジオ『アッパレやってまーす! 水曜日』(22:00~)のエンディングで突然降板を直訴した女優でグラビアアイドルの小倉優香が、同番組を卒業した。26日の放送でケンドーコバヤシが報告した。

小倉優香

番組冒頭、ケンドーコバヤシが「小倉さんの突然の降板発言がありまして、みなさんびっくりされてしまったと思いますが、彼女なりの考えや思いがあったと思います。番組を卒業することに」と報告。「またどこかで会えたりもするでしょう。みなさんへの直接のメッセージはないんですが、1年半くらいですか。楽しい思い出もあるでしょうから、みなさんどこかで見かけたら、彼女のことを応援してあげてください」と呼びかけた。

小倉は7月29日の放送で、終了間際に「朝早く起きて夜早く寝る生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言ったんですけど、3~4カ月話してくれないのでここで言います。辞めさせてください」と降板を直訴。翌週から番組を欠席していた。