楽天、ショッピングSNS「ROOM」で「コーディネート機能」提供 好みの合うユーザーの着こなしから商品と出会える

楽天は8月25日、ショッピングSNS「ROOM」において、「コーディネート機能」の提供を開始した。投稿ユーザーが自身で撮影したファッションコーディネート(コーデ)の写真に「楽天市場」や「Rakuten Fashion」の商品情報を連携させることが可能となり、その商品が購入されると「楽天ポイント」を報酬として獲得できる。閲覧ユーザーは気になる商品をスムーズに購入でき、利便性が高まる。

投稿ユーザーはコーデ写真に商品のブランド名やサイズ、カテゴリー、カラー情報をタグ付けできるほか、「楽天市場」や「Rakuten Fashion」で購入できるアイテムについては、商品ページURLをリンクさせることができる。閲覧ユーザーは自身の好みに合うユーザーのコーデからファッションアイテムを見つけ、ブランド名などの情報を確認したり、スムーズに「楽天市場」や「Rakuten Fashion」で購入できるようになる。



投稿アイテムを閲覧したユーザーが商品を購入すると、カテゴリーや自身の「ROOMランク」に応じて、「楽天ポイント」を報酬として獲得できる。まずは「ROOMランク」がSのユーザー、「ROOM」が認定したオフィシャルユーザー、「楽天市場」の出店店舗など法人アカウントの投稿を中心に「コーディネート機能」の提供を開始し、対象ユーザーは順次、拡大していく。

「コーディネート機能」の提供開始を記念し、9月中(日程調整中)に人気スタイリストの大日方久美子さんのインスタグラムアカウント(@kumi511976)にてインスタライブを配信する。「ROOM」の使い方や「コーディネート機能」の紹介、さまざまな楽天のサービスの活用方法を発信するほか、ユーザーのコーデに関する悩みにも応える予定だ。