広島・大瀬良大地(C)Kyodo News

○ 阪神 10 - 2 広島 ●
<10回戦・京セラD大阪>

 阪神が14安打10得点で大勝。敗れた広島は再び借金5となり、最下位の中日に0.5差に迫られた。

 広島先発の大瀬良は初回、一死から2番・糸井に右中間突破の三塁打を許すと、続くサンズのピッチャー返しが左すね付近を直撃。跳ね返った打球が右前へ達する間に先制を許した。大事には至らず続投するも、二死後、5番・ボーアにも痛打。中前適時打を浴び2点目を失った。

 打球直撃の影響もあったのか、ボーアに3打席連続適時打を許すなど5回8安打5失点(自責点4)で降板。救援陣も打ち込まれ、大瀬良は2敗目(4勝)を喫した。

 打線は阪神先発・西勇に対し、4番・鈴木誠の12号ソロと中犠飛で4回までに2得点。しかし、中盤以降は得点を奪えず、西勇、2番手・岩貞の前に、散発の5安打に封じられた。

 森下がプロ入り初完封をマークした前夜の流れを生かせず大敗。デーゲームで中日が巨人に勝利したため、再び最下位転落の危機に立たされた。