ピンチの執行委員Qの切り札とは!? 『GOH』第7話あらすじ公開!

韓国NAVERが運営中のWEBコミックサイト『NAVER WEBTOON』の連載作品(日本では電子コミックサービス『LINEマンガ』にて連載中)で、7月より放送中のTVアニメ『ゴッド・オブ・ハイスクール』の第7話あらすじ&先行カットが公開となった。

本作はDragon&dragonによる、自称最強の高校生「ジン・モリ」が全世界最強の高校生を決める大会「ゴッド・オブ・ハイスクール」に挑んでいく、バトルアクション漫画。
クランチロールオリジナル作品として動き出した『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』の制作は、世界的人気の制作スタジオMAPPAが担当し、監督はアクションで評判の朴性厚、キャラクターデザインは秋田学が手掛ける。加えてシリーズ構成は幅広いジャンルを手掛ける吉村清子という強力な布陣で、原作の持つアクションやキャラクターの魅力を最大限に引き出す!

第7話は8月17日(月)よりTOKYO MX他にて放送開始。あらすじ、先行カットはこちら!

<第7話 「anima/force」>
全国大会第一試合。
先鋒戦にて、THE SIXのボンチムから授かった秘孔を自ら突き戦うモリだが何故か体を動かせず、負けてしまう。
次鋒戦では大会最年長38歳、土方流を遣うプングァンとデイが対戦。土方で鍛えたパワフルな攻撃にデイは圧倒される。
一方、ノックスの一員であるドレイクの襲撃に遭い痛手を負う執行委員Q。リミッターバンドを外しQは神から借り受けた力「借力」を使い『ジョーカー』を具現化させる...!

脚本:金田一 明/絵コンテ:朴性厚/演出:赤井方尚/総作画監督:秋田学

第7話先行カットを全て見る!>>>

(C) 2020 Crunchy Onigiri, LLC