オンライン決済「バンドルカード」のカンムがセブン銀行から11.3億円調達 即時発行でカード払い可能なサービスがコロナ禍に成長

オンライン決済サービス「バンドルカード」を提供するカンムは8月11日、セブン銀行から7月31日に11億3000万円の資金調達が完了したと発表した。創業以来の資金調達は累計約44億3000万円に到達。「バンドルカード」は誰でもカード払いができ、アプリ上ですぐに発行できる点が支持され、コロナ禍でさらに成長が加速している。調達資金で会員獲得をさらに強化するという。

カンムは2011年1月に創業し、2016年9月に「バンドルカード」の提供を開始した。「バンドルカード」はアプリ上ですぐに発行でき、VISA対応のECサイトなどのクレジットカード決済に利用できるプリペイドカードサービス。コンビニ払いなどで入金し、その金額内で決済することが可能。物理カードを発行するとVISA加盟店のリアル店舗でも使用できる。

専用アプリはサービス開始から4年間足らずで250万ダウンロードを達成している(2020年6月末時点)。新型コロナウイルス流行による経済活動自粛の中で、巣ごもり需要からくるオンライン決済ニーズは高まっており、決済金額は2020年3~6月にかけて月間最高記録を更新した。


専用アプリのダウンロード数の推移

今回、セブン銀行を引受先とする11億3000万円の第三者割当増資を実施した。調達資金で「バンドルカード」の会員獲得を強化するほか、2020年12月にリリースを予定している新プロダクト(「投資×決済」をテーマにした個人向け金融サービス)の開発に投資する。さらに、これらの業容拡大を見越し、優秀な人材の採用活動にも注力していく。

セブン銀行の舟竹泰昭社長は、「金融サービスを利用する際の心理的なハードルを下げ、ユーザーが抱える個別の課題に対してユニークかつシンプルなソリューションを提供するというカンム社の戦略に賛同しました。近くて便利なコンビニエンス・ストアに金融を取込んできた当社グループの事業戦略と親和性が高いと考えております。今後カンム社と幅広く連携することで、さらなるシナジーが創出されることに期待しております」とコメントしている。

今後、カンムのビジョンである「心理的unbanked(心理的な理由から金融サービスを使いこなせていない人)をソフトウェアで解決する」の実現に向け、現行の決済事業に投資分野の新サービスを組み合わせた個人向けの金融プラットフォーム構築を推進する。金融サービスを利用する際の心理的なハードルを下げ、自然に使いこなせる世界を目指す。