ドラマ「私たちはどうかしている」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 女優の浜辺美波さんと俳優の横浜流星さんがダブル主演を務める連続ドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系、水曜午後10時)の第1話が、8月12日に放送された。横浜さん演じる高月椿(たかつき・つばき)の母で、老舗和菓子屋のおかみ、高月今日子を演じる観月ありささんについて、視聴者からは「観月ありさが美しかった」「悪魔な観月ありさちゃんも良かった」「悪役っぷりに圧倒されちゃった」などの反響があった。

 ドラマは、女性マンガ誌「BE・LOVE」(講談社)で連載されている安藤なつみさんの同名マンガが原作。浜辺さん演じる和菓子職人の花岡七桜と、横浜さん演じる創業400年の老舗和菓子屋のクールな跡取り息子、高月椿が、15年前に起こった和菓子屋「光月庵」主人の殺人事件を巡り、運命に翻弄(ほんろう)されながらも強くひかれ合う“ラブミステリー”。

 第1話では、幼なじみで初恋の相手でありながら、“容疑者の娘”と“被害者の息子”となってしまった七桜と椿が、15年の時を経て再会。七桜は正体を隠したまま“偽りの結婚”を利用して、母の無実を証明するため、椿の結婚式当日、光月庵に乗り込んで……というストーリーだった。

 観月さん演じる今日子は、突如として目の前に現れて大事な一人息子・椿の結婚式を破談にした七桜をイビリ倒す……という役どころだ。SNSでは、「おかみさんが観月ありさ、ハマってる 大奥感」「観月ありさの怖いお義母さん役なんて新鮮すぎ」「観月ありささん……コワイですw」などの声が上がった。また、観月さんが出演した作品を引き合いに、「『ナースのお仕事』ではあんな可愛かったのに貫禄たっぷり」という意見もあった。