ロックバンドBUCK-TICKが、テレビ東京の水ドラ25『闇芝居(生)』(9月9日スタート 毎週水曜25:28~25:58)のエンディングテーマを務めることが14日、明らかになった。

  • BUCK-TICK

    BUCK-TICK

同作はテレビ東京で7期にわたり放送を続けている同名アニメの実写化作。7月より新設されたドラマ枠「水ドラ25」の第2弾となり、1回の放送を3話のショートストーリーで構成するホラー短編集ドラマとなる。

エンディングテーマ曲に決定したのは、今年デビュー33年目の5人組ロックバンドBUCK-TICKの「凍える」。Vo.の櫻井敦司が作詞、Gt.の星野英彦が作曲を担当した新曲となる。「闇芝居(生)」の恐怖を引き立たせる最高の楽曲に、ドラマスタッフ陣も思わず歓喜。日本のロックシーンの第一線で活躍し続けるBUCK-TICKの独特なポップセンスとダークな世界観、そして"凍える"ような歌詞が注目となっている。

BUCK-TICK 櫻井敦司 コメント

今回、『闇芝居(生)』のエンディングテーマにBUCK-TICK
「凍える」を選んで頂き大変光栄に思います。
僅かでもドラマの世界に毒花を添えられたらと思います。
この曲はあの世とこの世、彼岸と此岸(しがん)とをさ迷う哀しき魂の歌です。
『闇芝居』の余韻の中、みなさんを闇の果てへと誘(いざな)う
子守唄となれたならどんなに幸せでしょう。
それでは長月(ながつき)、水曜の丑三(うしみつ)前、『闇芝居(生)』にてお待ち申し上げております。
努努(ゆめゆめ)忘れることなかれ。

(C)「闇芝居(生)」製作委員会