歴女・乃木坂46山崎怜奈 坂本龍馬の魅力を語る「めぐり合わせを引き寄せる力をすごく持っていたと思う」
禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする"ラジオの中のBAR"「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。

TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」8月3日(月)のお客様は、乃木坂46の山崎怜奈さんと作家の井沢元彦さん。歴史が大好きな山崎さんと井沢さんによる、深夜の熱い「歴史」トークが止まらない?
▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)山崎怜奈さん、井沢元彦さん



◆人をつなぐのは坂本龍馬の才能であり、業績(井沢)

井沢:最近は、あまりに坂本龍馬が持ち上げられすぎるので、ケチをつける人がいるんだよね。「あんなヤツ、大したことやっていないよ」と。「薩長同盟とか大政奉還も、間を取り持っただけだ」って言うんだけど。やっぱり歴史を考える人が忘れちゃいけないことは、昔と今は違うということなんだよ。どういうことかって言うと、当時はメールもファックスも電話もLINEも何もないわけ。

山崎:交通手段もないですよね。

井沢:交通手段も、飛脚なんていうのはものすごく高いもので特別便だから、普通は使えないんだよ。そうすると、例えば龍馬が京都へ行って、鹿児島にいる西郷に会って話をつけようと思って、何十日もかけててくてく行ってみたら、西郷は京都に行っちゃいました……とか。当時のそういう悪条件の下で人と人をつないで。

例えば現代に置き換えて考えると、人の集まっているところに行っても「10分前まで○○さんがいたのに帰っちゃいましたよ」って人もいれば、何年かぶりに店でばったり会うなんて人もいるじゃない。龍馬は後者だったと思う。

山崎:めぐり合わせを引き寄せる力をすごく持っていたと思いますね。

井沢:彼の人生の後半は蒸気船が使えたんだけど、前半はとにかく歩き回って、うまく人の間をつないだわけだから、これは相当な才能であり、業績だと思うんです。

◆今から来年の大河が楽しみ…

山崎:同じ時代の人物で言うと、三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎もすごく好きです。岩崎弥太郎も自分でちゃんと勉強して人脈を築いていった人じゃないですか。あれだけやった(彼のような)人がいるのだったら、自分も頑張ろうって思いますもん。

井沢:僕は岩崎弥太郎よりも1つ上だと思う人がいて……それは渋沢栄一なんだよね。

山崎:渋沢栄一、大好き!

井沢:岩崎弥太郎とどこが違うかって言うと、岩崎弥太郎は結局、三菱財閥をグループ化しちゃったんだよ。ところが渋沢栄一はいっぱい会社を作ったけど、いっさいグループ化しなかった。そこがやっぱり偉いと思う。

山崎:しかも今も残っている企業がたくさんありますからね……来年の大河ドラマ「青天を衝け」も楽しみです!


<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/