N高ネット文化祭で『あつ森』島自慢プレゼン! 審査員は巨匠・隈研吾建築事務所

学校法人 角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、8月15日(土)15時00分~17時00分より「ニコニコネット超会議2020夏」で行われる「N高ネット文化祭2020」にて、Nintendo Switch(TM)ソフト『あつまれ どうぶつの森』の世界でN高生がプレゼンテーションをする「みてみて!私の島自慢プレゼン大会」を実施する。

『あつまれ どうぶつの森』は無人島を開拓して、自分だけの島を作り上げていくシミュレーションゲーム。木を切り出したり魚を釣ったり、材料を集めてさまざまなアイテムを ”レシピ” から作り出したり、島を大改造して自分の好きな景観にアレンジできたりと遊び方の汎用性も高く、中でも ”マイデザイン” と呼ばれる自作デザインツールで道や洋服を作れることも本作の楽しみ方として人気が高い。

N高では、『ドラゴンクエストX』を使ったネット遠足での友だちづくりや、『マインクラフト』を使った街のシンボルの再現による地域貢献など、楽しみながら仲間と取り組めるオンラインゲームを多く取り入れてきた。
今回の企画は、生徒のプレゼンテーションスキルを磨くことを目的に、『あつまれ どうぶつの森』を題材とし、生徒たちが熱中して取り組んだ成果を披露する。

自分の島を動き回りながら魅力をプレゼンテーションしていき、建築界の巨匠である隈研吾建築都市設計事務所の方が建築やデザインの観点から講評。「創造力」と「表現力」で審査し、N高No.1プレゼンターを決定する。

また、ゲームと学習をテーマに研究をしている東京大学 大学院情報学環 講師の藤本徹氏より、オンラインゲームと教育をテーマにしたトークが行われる。

(C)2020 Nintendo
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。