AKB48峯岸みなみ 禁酒継続を経て「自分のことをちょっとだけ好きになれた」
人気ヘアメイクアップアーティストの河北裕介がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ヘアメイク河北裕介のBe yourself」。公私ともに交流のある女優やモデルなどを河北自らがブッキングし、誌面や画面には表れない彼女たちの知られざる魅力に迫ります。

8月のマンスリーゲストMCには、AKB48の峯岸みなみさんが登場。8月7日(金)の放送では、これまでの自身の活動を振り返りました。

マンスリーゲストMCのAKB48峯岸みなみさん


峯岸さんといえば、4月2日(木)に開催予定だった自身の卒業公演「峯岸みなみ卒業コンサート~桜の花びらたち~」に向けて“禁酒”を宣言していましたが、新型コロナウイルスの影響で公演が延期に。現在も禁酒を継続しているそうで、河北が「すごい!」と褒めると、「頑張って続けているんですけど、誰からも信じてもらえない(苦笑)」と嘆きます。

お酒を飲むと食べてしまうタイプという峯岸さん。「(今までは)飲んだ次の日のむくみと後悔が半端なかったんですけど、それがないだけで健やかな毎日を送れている気がします」と笑顔をのぞかせます。まだ開催の目途が立たないなか、禁酒を継続できていることに「“私も努力できるんだ”“続けられるんだ”という成功体験にもなって、自分のことをちょっとだけ好きになれた」とも。

峯岸さんは小学生の頃にモーニング娘。に憧れ、「芸能人になりたい」という夢に向かってさまざまなオーディションを受けたと言います。そのなかで唯一“合格”の切符を手にしたのが、AKB48の第一期生オーディション。

結成当初は、「劇場にお客さんが入らなくて、すごく試行錯誤していました。毎日ステージに立つのに、お客さんの数はメンバーよりも少ない日々が続いて……250人満員にするまで、それほど時間はかからなかったんですけど、中学生ながら“私、このままここにいて大丈夫なのかな?”って不安に思っていたのを覚えています」と当時の胸中を吐露します。

自身のキャラクターについて、「AKB48のなかだと“バラエティ担当”みたいなイメージが強いと思う」と分析しつつも、実は「空いている席がそこしかなかった」と峯岸さん。「正統派の子がいて、歌える子がいて、お姉さんキャラ、セクシーキャラ……といろいろなメンバーがいたんですけど、バラエティのときだけ褒められることが多くて。自分は一生懸命にしゃべってリアクションすることで、存在を見出せるのかもしれないと思って、バラエティを頑張るようになったら、こんな感じの仕上がりになっていました(笑)」と振り返ります。

10代の頃は、ただがむしゃらにバラエティに力を注いだことで「本当の自分じゃない頑張り方をしてしまっていたな、というところもあった」と打ち明けます。現在は27歳になり、「いまはやっとそこに折り合いをつけて、YouTubeとかでも“意外と、とげとげしい人間じゃないですよ”って必死にアピールして(当時のイメージを)回収している感じですね」と笑います。

河北がターニングポイントを尋ねると、峯岸さんは「2013年の1月に、自分の大きなスキャンダルがあったときに、(AKB48を)辞めてもよかったし、辞めたほうが楽だったと思うんですけど、“こんなに頑張ってきたAKB48を辞めるのはすごく嫌だ”というわがままもあって。あのときに辞めなかったのが、ターニングポイントでしたね」とセキララに告白。

研究生としてイチからやり直しを図った峯岸さん。「自分よりも8つ年下の子とか入ったばかりの子もいて。研究生としてそういった子たちに囲まれて活動するなかで、頑張っている子たちからエネルギーをもらって、すごく新鮮だった」。そんな後輩たちの姿を目の当たりにして、「AKB48に長く在籍していて、これから新しく頑張ろうって思えることってあるのかなって感じてもいたので、新鮮な気持ちで“イチから頑張ろう!”って。後輩にめちゃくちゃ救われました」と心境に変化があったことを明かしました。

どん底から這い上がった峯岸さんの言葉に、河北は「例えば、会社のなかでダメなレッテルを貼られて、そこからもう1回復活しようと思うとかなりしんどい。(けど、峯岸さんは)それをやったじゃん! しかも禁酒もして」と感心しきり。すると、峯岸さんは「ずっと真面目にやっているメンバーには、本当に申し訳ないなって気持ちもあります。何もないほうがいいに決まっているし、そういう子たちの努力が……私が1回落ちたからといってそれで評価されるのは申し訳ないなと思う」と本音に触れつつ、「だけど、禁酒も含めて少しは自分を褒めてもいいかなと思うくらい、頑張れている自分になれてよかった」と胸を張ります。

河北が、「人って必ず失敗するものだし、失敗のない人なんていないと思う。みんな後悔や挫折をしたことがあると思うし、そこからどうやり直せるか。自分の小さな可能性を信じて、ちゃんとここまでやり切れているのはすごいと思うし、そういう峯岸さんに新しい光を見せてもらえているなと思う」と感想を口にすると、峯岸さんは「あのときに辞めていたら、そういうふうに言ってもらえることもなかったと思うと、辞めずに続けていてよかった」と話していました。

次回8月14日(金)の放送では、峯岸さんのプライベートにまつわるトークをお届けします。どうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:ヘアメイク河北裕介のBe yourself
放送日時:毎週金曜 19:30~19:55
パーソナリティ:河北裕介
番組Webサイト:https://audee.jp/program/show/39187