アライドアーキテクツ、中国向け「ライブ配信×越境EC」パッケージ 事前告知からライブ配信、事後キャンペーンまで支援

アライドアーキテクツは8月12日、日本からライブ配信を行い、中国越境ECでの売上向上に繋げるライブプロモーション支援パッケージ「Taobaoライブ(淘宝直播)プロモーションパッケージ」の提供を開始した。事前告知からライブ配信、事後キャンペーンの開催までを一気貫通で支援する。

「Taobaoライブ(淘宝直播)プロモーションパッケージ」は、アリババがライブコマースに特化して提供するアプリ「淘宝直播」を活用したライブプロモーションに、アライドアーキテクツが提供するサービスを組み合わせたライブプロモーション支援パッケージ。

アライドアーキテクツが日本独占販売権を所持する「Weibo」公式KOLキャスティングツール「WEIQ」や、独自に構築する日本最大級の在日中国人コミュニティ「BoJapan」による事前告知情報の拡散最大化から、在日中国人KOLまたは同社の連結子会社であるVstarJapanが中国進出支援を手がける日本人KOLを起用したライブ配信、事後キャンペーン開催までを一気通貫で支援する。


プロモーションパッケージのフロー

日本に興味を持つ中国人ファンを多く抱える在日中国人KOLや日本人KOLをライブ配信に起用することで、商品のターゲット層に効率的に情報を届けることができるとしている。また「BoJapan」メンバーである在日中国人KOCや日本情報系メディアのWeiboアカウントを起用し、ライブ配信の事前告知を行うことで、中国本土において比較的所得が高く日本商品に興味を持っている消費者に情報を届け、ライブ配信を視聴してもらうことが可能だとしている。

昨今の中国市場ではライブコマースの取り組みが急速に拡大しており、その市場規模は、2019年は4338億元(約6兆5000億円)、2020年は9610億元(約14兆4150億円)と、この1年で約2.2倍に拡大すると予測されているという。またライブコマースは、短時間で売上を実現できるとして企業からの注目度も高く、今後欠かせないマーケティング施策の一つになると言われているという。

ライブコマースの実施イメージ

同パッケージの提供開始に先駆け、東京デリカが中国年中商戦618において、同社支援のもと在日中国人KOLを起用したライブ配信を実施したところ、2時間で約300万円の売上を実現した。このことから、ライブコマースプロモーションは中国市場のトレンドを捉えた上で、短時間で売上を実現することができる有効なマーケティングプロモーション施策であり、同社が提供するサービスを組み合わせることでより成果向上に貢献できることがわかったとし、ライブプロモーション支援パッケージの提供開始に至ったとしている。

アライドアーキテクツでは本サービスの提供開始に伴い、中国マーケティング情報を発信する同社公式YouTubeチャンネルにて、中国ライブコマース市場の現状と今後の成長性についての解説動画を公開している。