マクアケ、表彰イベント「Makuake Award 2020」をオンラインで開催 GOLD賞は「2Way完全ワイヤレスイヤホン」

アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」(マクアケ)を運営するマクアケは8月7日、直近1年間に「Makuake」で実施されたプロジェクトやパートナを表彰するイベント「Makuake Award 2020」を開催した。表彰の対象となったプロジェクトは4000件以上。GOLD賞は、2Way完全ワイヤレスイヤホン「KPro01」が受賞した。

「Makuake Award」は、毎年8月に開催している同社主催の完全招待制イベント内で行う表彰イベント。今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、例年イベント内で開催しているカンファレンスや交流イベントなどのコンテンツは中止となり、表彰式のみを実施。サポーターをはじめ一般の人も視聴できるようオンラインでの生配信を行った。

「Makuake Award 2020」では、サポーター数、応援購入総額、話題性などをもとに「Makuake Of The Year 2020」を受賞した全25プロジェクトを発表。さらにその中から、「GOLD賞」「SILVER賞「BRONZE賞」として3つのプロジェクトを表彰した。

「GOLD賞」を受賞したのは、デジタルアクセサリーメーカーのオウルテックが、オーディオマニアでもある声優の小岩井ことり氏と共同開発した2Way完全ワイヤレスイヤホン「KPro01」。SILVER賞」は、北海道に戦後初めて誕生したという酒造会社上川大雪酒造が、日本酒蔵の杜氏も多く輩出している国立帯広畜産大学構内に新しい酒蔵「碧雲蔵」を創設するプロジェクト。「BRONZE賞」は、創業90年の今治市のタオルメーカーハートウエルが独自開発した冷感・抗菌マスクがそれぞれ受賞した。

加えて5つの特別賞を発表。今回初めて設けたというサポーターからの人気投票で選ばれたプロジェクトを表彰する「Makuake Supporter賞」は、「Makuake Of The Year 2020」も受賞したマスク除菌ケース「ULTRAWAVE ver.2」が受賞した。マクアケと連携する金融機関からの紹介によって掲載し、特に大きなインパクトを残したプロジェクトに贈られる「Makuake Bank Project賞」は、池田泉州銀行から紹介を受け、プロジェクト中のメディア露出で注目を集めて完売したという「熊野筆ボディブラシ」が受賞した。

マクアケと連携し、新たな取り組みを行ったパートナー企業を対象とした「Makuake Partner賞」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける日本酒の酒蔵を支援するためにオンライン日本酒市を共催し、運営する日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」にて日本各地の酒蔵の情報を発信し続けているClearが受賞。さらに「Makuake」内にパートナーページを設け、部署横断で20以上の様々なプロジェクトを掲載している豊島も受賞した。

プロジェクトに挑戦する事業者を紹介した個人に贈られる「Makuake Evangelist賞」は、飲食店による新しい試みを共にサポートしたという秋月俊一氏が受賞。「Makuake」を最大限に活用し、プロジェクト実施中の成果だけでなく、終了後も飛躍的にビジネスを拡大しているプロジェクト実行者に贈られるという「Business Impact賞」は、定額制で世界中どこでも好きな場所に住むことができるサービス「HafH」(ハフ)を運営するKabuK Styleが受賞した。

この1年間、「Makuake」では様々なプロジェクトを掲載しており、災害の多かった2019年の年末には大容量ポータブル電源「EFDELTA」が「Makuake」全体の歴代応援購入総額最高記録を更新。コロナ禍で外出自粛が続く最中には、高級レストラン・長谷川稔が手掛けるチーズケーキがフード・飲食店ジャンルの歴代応援購入総額の最高額を記録、さらに「Makuake Of The Year 2020 SILVER賞」も受賞した北海道・上川大雪酒造が日本酒ジャンルの歴代応援購入総額の最高記録を更新するなど、各ジャンルにおいて新しいものや体験が次々に発表され、多くのサポーターからの応援購入が集まったという。

サービスの機能面においても、サポーター自身が応援購入したプロジェクトを広げる後押しをする「シェア支援機能」や、待望のAndroidアプリの提供を開始するなど、サービスの使いやすさを向上する新機能の開発や改善を重ねたとしている。こうした開発に注力し続けた結果、複数回にわたって「Makuake」で応援購入をするリピート決済率は70%を超えているという。

また、新型コロナウイルス感染症拡大により様々な産業が影響を受ける中、全国の窯元や酒蔵を支援するためのオンライン陶器市やオンライン日本酒市を「Makuake」上で開催。またアーティストやゲームクリエイターの支援、全国の信用金庫ネットワークや東京都世田谷区と連携した飲食店や中小企業によるプロジェクト実施に向けた特別プログラムの支援など、各業界のパートナーと連携し、コロナ禍での様々な産業の新しい試みをサポートしている。

マクアケでは、今後も「Makuake」のプロジェクト実施を通し、新しいものやサービスの広がりをサポートし、プロジェクト実行者、サポーター、パートナーをはじめ様々な人々をつなぐ考えを示した。


「Makuake Award 2020」
https://www.makuake.co.jp/1522/