ローズウッド ホテルズ&リゾーツ ローズウッド上海を2028年に開業予定

世界16カ国で28軒の高級ホテル&リゾートとレジデンスを展開するウルトラ ラグジュアリーホテルブランドであるローズウッド ホテルズ&リゾーツ®はこのたび、上海の不動産開発会社である龍盛リアル・エステート社と運営受託契約を締結した。中国最大の国際都市である上海に2022年より工事を着手し、2028年に『ローズウッド上海』を開業する。 

上海市街のビジネスと観光、文化の中心地である静安区と蘇河湾エリアに誕生する『ローズウッド 上海』は、国際的に輝かしい実績を誇る世界有数の建築設計組織「フォスター+パートナーズ」がデザインを手掛ける、上海浦西区内随一の高さを誇る高さ320メートルの高層複合施設の上層階に誕生する。スイートルーム含む全200室の客室は、その地域の歴史や文化の精神に敬意を表するローズウッドの哲学「センス オブ プレイス®」の要素を随所に採り入れたデザインコンセプトとなる予定で、市街全体が見渡せる素晴らしい眺望をお楽しみいただける。館内には、5軒のレストラン&バーと当グループが誇るシグネチャースパ「Asaya(アサヤ)」など充実した施設を取り揃え、ゲストに寛ぎのひと時と上質な空間を提供。

『ローズウッド上海』は、当グループの「ローズウッド香港」、「ローズウッド北京」、「ローズウッド三亜」、「ローズウッド広州」に次ぐ、中国では5軒目のホテルとなる。今後、東アジア圏においては2023年に「ローズウッド 成都」と「ローズウッド 寧波」、2024年には「ローズウッド 深圳」と「ローズウッド 台北」が開業を予定しており、特に成長が著しいアジア圏の事業展開を更に図り、当ブランドの認知度を高めていくことを目指しているという。

「中国での事業開発を推し進めるにあたり、上海は長い間、ローズウッドの旗を掲げるべき優先順位が高いデスティネーションでした。中国最大の都市であり且つ経済のハブでもある上海は、ローズウッドが掲げるブランドバリューとなる革新性、創造性、独自性を体現できると確信しております。龍盛リアル・エステート社との提携によって、上海で当グループが誇るウルトララグジュアリーのホスピタリティをご提供できることを楽しみにしております」とローズウッド ホテル グループCEO ソニア・チャンはコメント。


https://www.rosewoodhotels.com/jp/