マキシマム ザ ホルモンのドラマー・ナヲ

人気ロックバンド・マキシマムザホルモンのナヲが、8月12日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)にゲスト出演することがわかった。今回は、博多の人気占い師・木下レオンによって、ナヲの意外な過去が明らかになる。

この番組は、スゴ腕占い師が街で出会った人たちを突然占う新しい占い番組で、沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)が“フォーチュンウォッチャー”としてレギュラー出演。この日は、ゲストとして、マキシマムザホルモンのドラムを担当し、最近はバラエティ番組でも活躍中のナヲが、母の令子さんと登場する。

実は、番組でもお馴染みの売れっ子占い師・ゲッターズ飯田と10年来の親交があるというナヲ。結婚相手から出産年齢まで、すべてをゲッターズに当てられており、今ではゲッターズの言う通りに行動するようになったという。そんなナヲが、初めてゲッターズ以外の占い師に見てもらうことに。周囲から「キャサリン」と呼ばれて親しまれている母の令子さんと共に、レオンの占い部屋に向かうナヲだったが、「楽しみだけど、怖い!」と本音もポロリ。

生年月日から運命を推測する東洋占星術と神通力を融合した「帝王占術」で運勢を見るレオンは、ナヲを一目見るなり「あなたからは過去の悲しみを感じる」と指摘する。すばり当てられたナヲが涙を浮かべて、辛い思い出を語り始めると、令子さんも、そんな娘を陰から見守っていた当時の心境を涙ながらに述懐。

続いてレオンは、北海道で生まれ育った令子さんの波乱万丈な半生も的中させ、ナヲも知らなかった令子さんの父親にまつわる壮絶なエピソードが明らかになる。しかし、もともとナヲも令子さんも明るく陽気な性格だけあり、占いは終始楽しげな雰囲気で進行。レオンが「過去の悲しみがあるから、ナヲさんは、ちかっぱ(博多弁で“スゴく”の意味)愛が強い」というと、ナヲは「ちかっぱ」が気に入ったのか「“ちかっぱ愛が強い”というTシャツを作りたい!」と返して、その場を盛り上げる。

スタジオの3人は、母と娘のエピソードに感動しながらも、2人のキャラクターに爆笑。水野が「もう面白すぎる!」と絶賛すると、みちょぱも「濃い2人だな~」と、占いの様子を微笑ましく見守る。

他にも、レオンが大阪在住のインテリアデザインを学ぶ30歳女性を占ったり、巫女の血筋を引く天星術師の星ひとみが、50歳のシングルマザーや38歳の既婚女性を占ったりと、好評企画の「リモート占い」も実施。家族にまつわる感動のドラマが次々と飛び出し、スタジオの水野は思わず涙を流してしまう。