WRCの2.5~3Lのクラスに参戦のためボアを0.5mm拡大! 幅も5mmワイドに!| トヨタ セリカ クーペ 1800 GT-TS Vol.2

80年代のWRCを戦うため、各メーカーは戦闘力の高いグループBカーを次々に開発していた。

 そこでトヨタは、セリカGT‐Tに搭載する3T‐GTEU型ツインカム・ターボエンジンをベースに、WRCの2.5〜3Lのクラスに参戦するための方策として、ボアを0.5mm拡大しただけの4T‐GTEU型を搭載したGT‐TSを発表した。

パワー/トルクは160ps/21.0kg‐m。ミッションやファイナルも3Tと同じで、LSDも組み込まれていなかった。


 ボディに関しては、標準型とほぼ同じ仕様ながら、フロントフェンダーは左右5mmずつ張り出したブリスターフェンダーが採用されているのが特徴。

コクピットやフェンダーなど、全ての画像を見る