「すぐに壊れたりオーバーホールをしなくてはいけないようなことは避けたい」ロングライフをモットーに製作|71年式 日産スカイラインHT 2000GT-X Vol.2

日産スカイラインHT 2000 GT-Xを購入し、しばらく自分で弄っていたオーナー。
しかしオイル上がりを機にエンジンを新たに製作を決めた。

「せっかくエンジンをイジっても、すぐに壊れたりオーバーホールをしなくてはいけないようなことは避けたい」ということで、ロングライフをモットーに製作依頼。

そして、L28型のN42マニアブロックをベースに、亀有製の鍛造レーシングピストンや軽量コンロッド、75度ハイカムなどをおごった腰下に機械ポート仕上げを施したヘッドを乗せ、ソレックス44PHHを組み合わせた3L仕様が完成したのだ。


 また、昨年エンジンルームのレストアを施したのだが、その時にクーラーの配管周りをリフレッシュ。エンジンルーム内をスッキリと見せるためにもともと空いていた穴を埋め、配管をボディ内側を通すように加工をするなどの手直しを行ったという。

エンジンルームのディテールなど、全ての画像を見る