楽天戦に先発したソフトバンク・笠谷=楽天生命パーク

● 楽天 0 - 5 ソフトバンク ○
<12回戦・楽天生命パーク>

 ソフトバンクが楽天6連戦の最終戦に完封勝利。同6連戦は2勝4敗で負け越したが、再び同率首位に立ち11日からのオリックス6連戦に備え本拠地に戻ることになった。

 ソフトバンクは6日の第3戦に先発し2回1失点(自責点0)だった笠谷が、再び「オープナー」として中2日で先発。前回は3安打3四球を許すなどピンチの連続だったが、この日は3回を投げ無安打無失点、4奪三振1四球と好投した。2番手で登板したのも、6日に続き中2日だった板東。こちらも5回のピンチを切り抜けるなど4イニングを2安打無失点、3奪三振1四球と好投した。

 ソフトバンクは3-1で勝利した第3戦同様の継投パターンで楽天打線を翻弄。板東はプロ初勝利を挙げた6日に続き、2登板連続で白星を手にした。8回以降はモイネロ、森が1イニングずつを無失点。完封リレーで試合を締めた。

 打線は6回、9番・甲斐の左前二塁打などで二死一、三塁の好機を作ると、相手バッテリーミスの間に先制。8回は3番・柳田の12号ソロで貴重な2点目を奪うと、9回は甲斐がダメ押しの4号3ランを右翼席へ運んだ。

 楽天は今季2度目の完封負け。このカードの2敗は、いずれも笠谷-板東の継投にやられた。先発の福井は6回途中1失点の好投も今季初黒星。6回は二死一、三塁のピンチで降板し、代わった宋家豪の暴投で決勝点を献上した。